心にガードを
ここしばらくは、仕様変更の余波もあって毎日何かしらぼーっと過ごしている気がしております。

おかげで3月最後の1週間で、UPできる素敵なSSはこれくらい。
f0015853_14242328.jpg
当然、画面上ではすこし離れた場所にえるー様が佇んでいらっしゃいました。


明日からまたオーレンが人で賑わうようですね。
繰り返す魔族の試み
キャンペーンにて変身解除も開催されますので、巷に赤DK派手DEとガードが溢れかえることと思います。
ワクワクいたしますね!


この、85ガード変身なのですが、最初に見た時は「なんでこんな地味なのが85変身なのか」と皆さま思いませんでした?
各お城で門を守っているガード変身が赤い服なだけの、あのぎこちないガードでございます。


しかしこれ、戦場で見ますととてつもない威圧感を覚えます。


いったいどういう心の機序で威圧感を覚えるのか、と思い返してみますと、なんとなくの答えが出ました。
まだリネを始めて間もない頃、お城へ見学に行き、閉ざされた城門を叩いて反撃されて痛かった時のショックが心の深い部分に刻まれているのでしょう。
各町のガードに攻撃をして反撃されて殺された痛い思い出もございます。


そういえば今では無くなりましたが、各町のガードを利用した赤ネトラップというのがございましたね。


町の出口付近で、牛や鹿に変身したPCが、被害者となるPCの目の前でそこそこ高額のアデナや装備を拾います。
すると、被害者となるPCは牛や鹿を殺します。
変身したPCを殺したことになりますので、殺した当人(被害者)は一瞬で赤ネームとなり、ガードに制裁を受けます。

赤ネームはペナルティとして死んだ際に物を落としやすくなりますし、Killカウント(回数を超えると地獄へ墜ちます)が付きます。
近くにいたPCが、被害者が落とした装備やアイテムを素早く拾って立ち去ります。

それだけでもひどく気落ちする事件ではございますが、怖いのはここから。

「赤ネトラップだよ~ひっかかっちゃったね;;」と、優しげな顔で近づく新たなPC。
ひっかかった恥ずかしさとアイテムを取られた口惜しさでパニック状態の被害者は、この新たなPCに一瞬で心を開いてしまいます。

「10回ガードに殺されたら赤ネのカウントは消えるらしいよ」の言葉に騙されてしまいます。
「アイテムは拾っておいてあげるから」と、加害者PCはガードで自殺するよう、被害者をそそのかし・・・
最終的にガードで10回殺されて経験値は減ってしまい、当然アイテムもぽろぽろ落とします。
拾われたアイテムは当然ながら戻ってきません。


今ではもう、アク鯖ではこのようなトラップは存在しえませんが、手ぐすねを引いて他人を陥れようとする人がいるのは、悲しいことに世の常でございます。

たとえば交通事故を起こした時などにも、パニックになって慌ててしまい、相手の寛大そうな条件に従って示談にしたものの、最初に警察に届けなかったばかりに骨の髄までむしられるなんてことも聞きますし、心が弱っているときに優しい言葉で「元気になれるセミナーがあるよ」と連れて行かれた先が怪しい宗教であった、なんてことも聞きますし。


最初の話の流れと全く違った内容になって自分でもびっくりでございますがw


何事かたいへんな出来事に遭ってしまった際は、下手な甘言に釣られるのではなく、信頼のおける人に相談して適正な対応を取れるよう、出来る限り冷静さをお保ち下さいというおはなしでございます。


以上、風紀委員からのお知らせでした。
[PR]
by kyaren | 2016-04-05 15:53 | リネ風景 | Comments(2)
Commented by まきば at 2016-04-05 21:11 x
赤ネトラップですか。ひどいな。
rpgなので、人殺しや悪人を演じる事はokだと思うけど、ゲームデザインにないだましや詐欺行為は許せません。
実はリネージュやる前は、ウルティマオンラインをやっていました。そこで鍛冶屋詐欺にあって、カンカンに怒ったら周りの人から、騙した人が悪いけど、結局アイテムを渡した自分も悪いと諭されました。信じた自分が悪いのねw
まぁ、初心者が引っかかる詐欺なんですが、お金も無い頃なので、かなり痛かった。
オンゲーやってるほとんどの人は、いい人なんですが、いるんですよねクズが。
Commented by kyaren at 2016-04-06 12:06
人の善意をどこまで信じていいのか、善意を信じて騙されるくらいなら最初からビジネスライクに金銭を介在させたほうがマシなのか、そうなるとあまりの世知辛さに夢も希望も潰えてしまいますねぇ・・・。
詐欺とは違いますが、まだ若かりし頃、別キャラで武器を落としたことがございます。
全茶で「拾った方教えてください><」と言いましたら、当時のプリ様に「そんなもん素直に返してくれる奴おらんわ!黙って拾いに行け」と叱られました。
焦って取戻しに行ってもう1ENDしたおバカですけれど、大切なことを学んだ悲しい事件でございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Mavorsが目指すもの   ・ ・ ・  Hate tell a lie >>