カテゴリ:陶酔( 24 )
君主の戯れ
日記はもちろんのこと、リネ内でもキャレンがメインとなりますので、相応に慎み深く奥ゆかしく思慮深く、気高く麗しく清く正しい振る舞いで日々プレイしております。

しかし、WIZではやはり出来ることが限られておりますし、かといって筋骨隆々の前衛を育てるのもなかなか難しいものでして、いつの間にかクラスケアにてそれなりの強さを持ち、前衛として分類されても違和感を覚えなくなった&やっぱりどうしても何をおいても否応なしに好きで好きでたまらない、という理由から、君主の育成にも多少の時間を取っております。

最高のプリンス目指して。
f0015853_14575598.jpg

何度か自己紹介しておりますが、わたしはMMORPGでは、一キャラ一人格のロールプレイを愉しんでおります。

キャレンはかれこれ13年の長きに亘り先に述べましたようなアイデンティティを持っておりますが、プリンスであるRikにつきましては作成からは10年以上経ってはいるものの、真剣に動かし始めたのは昨年からでございまして、さまざまな経験を経てようやくある程度のアイデンティティを確立できたかなと思いつつも、やはりそこそこの不安定さは否めません。
f0015853_14591771.jpg
いらんなどと言いつつもPTを組んでいたり。
f0015853_1511794.gif
他所のクランの姫様に花束をこっそり渡してその後すぐにクラン員(♂)に求婚したり。
f0015853_1533759.jpg
何よりもプリンス好きのプリンスですので、プリンスとのやり取りにはそれはもう大喜びでございまして、戦争報酬の受け渡し時にも相手がOKを押すまでになんとか花束を忍ばせようと必死でございます。
f0015853_1594075.jpg
我がクランには、現在Rikを含めて7名のプリンスが在籍しております。
全員が揃うことは今まで一度もないのですが、血盟員プリンスとの触れあいは大切にしております。

とはいえ、プリンスにばかり目を向けているわけでもございません。
f0015853_15161129.jpg
ぷりえさんのご挨拶が流れたら、たとえ敵に囲まれていようとも2行目は俺のもの。
たまに他の方に負けてしまったり、気付くのに遅れたりと悔しい思いをしております。


そしてかなりのロマンチスト。

皆さま、アデン中心部のこの哀しくも残酷な物語はご存知でしょうか。
課金マジックドール(ジャイアントやブルート)の使用時間チャージをアデナで行う方ならば、きっとご存じでいらっしゃいますでしょう。
f0015853_15364524.jpg
絶対このひと友人じゃないし。

ヒレンに話しかけて内容を進めますと、「真実のティーバック」を入手できます。
自白剤的成分が含まれているのでしょう、これを持った状態でジェフに話しかけますと、ジェフの秘められた恋と苦悩の物語を聞くことができます。
f0015853_15463174.jpg
錬金術は等価交換と申します。
ジェフの失われた年齢と物言わぬホムンクルス:アルシア。
愚かな恋の所業なのか、これはこれで倖せなのか。
何やらやるせないような、虚しいような、けれどももう取り返しはつかないのだから、それなりの幸せを探るしかないような、それならそれで見守っていくしかないような。

世のプリンセスに眩暈を起こしつつも、その美しさに嫉妬を抑えきれず、悶々鬱々とした気分でいる自分を重ね合わせているのでしょうか、毎回メンテ後に閉じられたジェフの家の扉の前で無言で佇むアルシアに、Rikはそっと扉を開けてやるのです。
f0015853_15595276.jpg
アルシアは素直にジェフの家に入り、無言のままジェフの周りを歩き回ります。

ああせつない。


そんなRikも、ようやくラスタバドへ(ペア以上なら)行けるようになりました。
f0015853_16154877.jpg
逝けるようになりましたねぇ。

最近は死体の上に墓が建ちますので、プリンスの美しい死体を拝めないのが難点でございます。
[PR]
by kyaren | 2016-04-18 16:26 | 陶酔 | Comments(0)
セルフポートレイト
Rikをプレイしつつ妄想を炸裂させながら、なんとかしてRikというプリンスを具現化できないものかと頭を悩ませておりました。

具現化など無しでも、曖昧なシェイプでいろいろ思い巡らしながら楽しむのも良いと思ってはいたのですが、最近これとかこれとかこれとかこんなふうな画像を載せることも増えており、Rikとしてアイコン的に使える画像があればなおよしと常々考えてもおりまして。

リネの世界に溢れるプリンスの画像を探しておりましても、どうにも気に入ったものが見当たらない。

リネージュ 君主 王子 など思い当たる単語で画像検索をしましたが、いずれも見たことがある画像ばかりですし、こちらで羅列しました最近のプリンスは、自分の中のRikのイメージとはかけ離れております。
かといって「Prince」で検索をかけましたら当然のごとくPrinceがたくさん出てまいりまして頭の中にパープルレインがリフレインいたしますし、「Lineage Prince」で検索しますとどこぞの国の王族皇族血統一覧が出てまいりまして、世界史についてのインテリジェンスを高めそうになってしまいます。


こうなったら自分で描いてしまおうと考えたわけです。
そうなりますと、せっかくですし理想を追求したくなってまいります。


妄想垂れ流しでお目汚しをいたします。

Rikはどちらかと申しますと、精悍で力強いタイプのプリンスではないのです。
線の細い、頼りなさげな、けどまっすぐな、育ちの良い雰囲気。

さらには、プリンスを愛するプリンス、自分を好きでいることこそが理念、つまり究極のナルシストとして、やはり相応に美形であってほしい。
自称イケメンですから、それなりに美しい目の輝きを持っていてほしい。
毎晩寝る前にはお肌のケアと、鏡に向かって「今日もかっこよかった。明日も当然かっこいい」と自己暗示と自己啓発に勤しんでほしい。

そして、何よりもくりくりの巻毛であってほしい。
ここの部分のこだわりが自分でも今一つよくわからないのですが。
f0015853_1221025.jpg


そんなRikが敬愛しておりますプリンスを戴くSatisのアジト前で佇んでおりましたら、どんどんプリンスがたが増えてまいりました。
f0015853_12591711.jpg
人に恵まれていると申しましょうか、こんなにたくさんのプリンスの皆さまが、何の用もないのに集まって並んでくださるなんて、わたしはなんと幸せ者なのでしょう。

ちょうど1500枚のSSを整理したところではありましたが、更に30枚ものSSが増えてしまいました。
ごちそうさまでございました・・・(うっとり)


やはりプリンスは特別の存在でございますね!




ところで、ついでにキャレンも描いてみたのです。
相応にBBA熟した雰囲気に仕上がっており、なかなかにヒステリカルな満足のゆくポートレイトとなっております。
f0015853_13102241.jpg

[PR]
by kyaren | 2016-01-26 13:15 | 陶酔 | Comments(3)
少し落ち着きましょう
自分でプレイしていてもやはり惚れ惚れしてしまいますね。

男プリの話です。
f0015853_15173184.jpg

なぜかがしゃどくろって絵になりますね。
しかし注目すべきはRikの雄姿。
孤独ながらも果敢に立ち向かうこの姿に、自分自身を含めて世の乙女は胸の高鳴りを隠せないはず。


そんなRikを筆頭に、現在我がクランには、6名の男プリ様が揃っております。
f0015853_15111824.jpg
毎日毎日男プリ男プリと喧しいものですから、とうとう血盟員が男プリという男プリ様を作ってくれまして。
f0015853_15532729.gif
全員勢ぞろいして横一列並びで記念撮影をしたいのですが、なかなかIN時間が合わずに未だに実現できておりません。


仕方がございませんね、ここは少数ではありますが、撮り貯めた男プリ様のSSを並べるだけで我慢することにいたしましょう。
f0015853_15192170.jpg


でもこれって、アレでございますね。

ちょっとサイコなタイプの犯罪者とかストーカーなんかが、自室の壁を写真で埋め尽くすアレ。

銃を構えて扉を蹴破って踏み込んだ警察官が一様に「こ・・・これは」とか言ってしまうアレでございます。


画像を取捨選択しておりますとなんだか正気に戻ってきてしまいまして、最後の数枚を並べているうちに「なんでこんな似た様なSSばっかりわざわざ並べているのだろうわたしは」などと思えてまいりまして。
最終的には「こんなのどこぞで適当に男プリのSS撮って、適当に旗とか名前とか切り貼りしたって別に変わらないではないか」とまで思えてまいりまして。


ああ、これが賢者タイムなのかな、と。


煙草なども、ひと箱一気に吸うとしばらく見たくもない!となるようですし、わたしのような男プリ様中毒患者にはこれくらいの荒療治が必要なのかもしれません。


そうは申しましてもやはり、「たかがSS」と実際に接する数多の男プリ様とは、お線香とSUREFIRE Y300U-A-BKくらいの差がございます。


あるときなど、ログイン中のクラン員全員男プリ様だったこともございましてね。
f0015853_1539167.jpg
名前伏せる意味が無いようにも思いますが、なんだか幸せでございますねぇ。

f0015853_15492194.gif
こんな血迷った思いつきもございますが、ただでさえ品行方正でなければ加入できない硬派な我が血盟でございます。
あまりにも無茶な条件でございますし、それは止めておきましょう。



わたしにも自制心くらいございます。

ございますってば!
[PR]
by kyaren | 2015-11-26 15:58 | 陶酔 | Comments(0)
Forgetting why, Remember how
なめこいねこ、つまりクーガーですが、猫背にも程がございますね。
痛い割にドロップが素敵なわけでもなく、イミュやPOTの消費もございますし、死ぬことも多々ありますので当たると損しか無いような気がいたします。

f0015853_11385253.jpg

可愛いから許す、という依怙贔屓を隠さないRikでございます。


わたしがキャレン、ウニのみならずほぼ全てのキャラに共通して男プリを愛しているというのは、もう皆さまご存じのことでしょう。


その昔、Mavorsを引き継ぐにあたって君主キャラを作成する際「姫をやれ」と散々言われたのを思い出します。

別に姫が嫌いだったわけではございませんが、どうせやるなら絶対に男プリが良いと我を通してRikを作成いたしました。

その後νの旗プリとして姫を作成したわけですが、作成当初から文句ばっかり言っていますねw

どうも殿方にとって「姫」は萌えポイントが高いようです。
その気持ちはなんとなくわかります。
華奢で少しか弱そうに見える、だけども君主である限り芯が強いところもあって、と言った感じの危うい存在感が、「守ってあげたい」「支えてあげたい」という保護欲のような部分を刺激するのでしょう。

しかしあれから10年近くが経とうという今になっても、やはり自分で姫をする分には萌えポイントがひとつもありません。
今、νの姫はただの倉庫と成り果て、Lvも46のまま。
今後動かす必要は無いので消してしまっても良いくらいの立場なのですが、血と汗と涙が刻み込まれた思い出満載のキャラですので、ν血盟の名前と共に今後も永久保存でございます。


そういうわけで、現在自分自身ではνの姫以外の倉庫プリ数名と血盟君主が全部男プリでございます。

また、MavorsⅡには副君として4名の男プリ様が在籍中でございます。

たまんないですね。

散々UPしておりますが、戦争会議では終了時に宿の鍵を返却する男プリ様と秘かに記念撮影も行っておりまして、リネに復帰して1年半で撮り貯めた美しい男プリ様達のSSは、自分自身も含めて膨大な数に上っております。

また最近ではハイネや鏡の森を徘徊し、自分自身と対峙してはハァハァその美しい姿と死に際の声を愛でております。
f0015853_14144774.jpg
RikはRikなりに、Mavorsの君主としてまた男プリとして、しっかり振る舞わねばと日々努力を重ねているところではございますが、やはりどうしても情緒不安定な部分がございます。


生粋のプリ様というのは、昨今ではなかなかお目にかかれなくなったように思います。

今現在君主クラスをメインでプレイしていらっしゃる方は、どういった方々なのでしょう。
当然戦争クランの君主様でしたら「君主こそ本分」でいらっしゃる方のほうが多いかとは存じますが、中にはわたしのように君主がメインではない方もいらっしゃるかもしれませんね。


昔から人見知りが激しい奥ゆかしいタイプなもので、それほど多くの君主様にお目にかかったことはございませんが、フェチなりに厳しい視点のなかで眩いまでの輝きを放っていらした男プリ様がいらっしゃいました。

そのうち関わり合いの深かった方々につきましては、昔の記事で既に長々とご紹介させていただいておりますので割愛するとして、あまり関わりは無かったけれど忘れたくない男プリ様を、今のうちに記しておこうと思います。


初代Banditsの君主、Adamy様。
古すぎてアレですが、アク鯖で初であろうPKクランのプリ様でした。
PKクランではありましたが、非常に硬派なクランだったと記憶しております。
彼の引退攻めには一般クランからのJOINも多かったとか。
引退なさってからもPKクランは存続していたようですが、どのような変遷を経て最終的にはどのような人々の集まりになったかは、皆さまご存じの通りかと思います。
わたしの中ではAdamy様のBanditsは後のクランとは全くの別枠に分類しており、ウニは今でも後生大事に、Adamy様が差出人の引退クジの便箋を持ち歩いております。

GallantsのYasuhiro様も、一度お話させていただく機会があっただけですが真の男プリ様でした。
他の方の古い日記でも同じ意見が書かれておりますが、それは「自分がプリでなかったら彼の血盟に入ってた」という内容でして、きっとわたしもνの幹部/Mavの血盟君主でなかったら、Gallantsに加入希望していたことでしょう。
細かい歴史などについては覚えてなかったり伝聞だったりで良くは存じませんが、当時ひとつの血盟で他勢力と渡り合っていらした姿勢と闘いに対する熱意は、完全にわたしの好みと合致しておりました。


何度も同じことばかり書いているような気がしますが、昔は君主というクラスはそれだけで一目置かれると申しましょうか、大きな存在であったと思います。
血盟員は君主とその旗に誇りを持ち、ある時は堅牢な盾となり強靭な剣となり、君主は名誉と威信、鷹揚さと厳格さ、そして責任を持って血盟員を護っておりました。

こういったことばかり書くからまた自分へのハードルが上がるのかなと思いますが、Rikもドッペを倒してハァハァしている場合ではございません。
自分自身の理想を鑑として一層の研鑽に励まなければ、と、決意を新たにするのでございます。
[PR]
by kyaren | 2015-10-30 15:59 | 陶酔 | Comments(2)
愛憎の狭間で
f0015853_1313584.gif
10年あたためた作戦でしたが、重大な手落ちがございましたね。

これはもう、会議で更なる戦術を検討せねばなりません。
でも・・・
f0015853_1381281.jpg
会議会場がこんなに狭いと議題も何も吹っ飛んでしまいますね・・・!


仕方ないのでわたしはキャレンのまま参戦することにいたします。
f0015853_13233728.gif
即却下。

それには非常に大きな理由がございます。
f0015853_13252370.gif
男プリ×女戦士だろうと女エルフだろうと女WIZだろうと女DEだろうと女ILLだろうと女DrKだろうと女ナイトだろうと、男プリ×姫の組み合わせ以外でしたら全く問題はございません。
普段の生活でも「嫉妬」という感情はほぼ起こりませんので、これにはきっと何らかのトラウマ的理由があるのかなと自己分析しております。
f0015853_1337480.gif


先日、KoDの姫様がいらっしゃいましたので、せっかくですので記念撮影をお願いしてみたのです。
ある意味、自分自身への挑戦でもありました。
f0015853_13432191.jpg
即敗北。

プロポーズまでしておいて何なのでしょう。
仮に結婚したとして、こんな心理状態でいったいどんな結婚生活を送るというのでしょうか。
f0015853_13463742.jpg
とはいえやはり男プリと姫の2ショットは美しい・・・!
f0015853_144112.jpg

「人んちの庭先で何をやってるんだ」とバニさんに叱られましたので、二人して猫に変身してSaitsアジトに●しまくって叛逆。
f0015853_1483958.jpg


変身していればまったく嫉妬は起こらないという、謎仕様でございます。
[PR]
by kyaren | 2015-10-09 14:11 | 陶酔 | Comments(0)
祝!カテゴリ設定
皆さまお待たせいたしました。

とうとう男プリ様についての記事をカテゴライズいたしまして、皆さまにキャレンのフェチをダイレクトにお届けすることが可能になりました。


誰も待ってないぞ というお言葉はNG設定とさせていただきます。

早速昨夜の会議終了後の儀式より。
f0015853_16175771.jpg
いつもお付き合いいただいてありがとうございます。
残念ながらこの時コウガ様はご不在でいらっしゃいましたが、もう本当にそろそろスキップするモーションをAlt+5あたりに実装して頂かないと、この胸の高鳴りが収まりません。


しかし昔からなのですが、かっこいいお兄様方殿方たちは、なぜいつも条件付きなのでしょう。

その条件とは・・・・・・『黙っていれば』


今はもういらっしゃいませんが、SOONCRAZYさんも非常にかっこいい方でした。
f0015853_16231354.jpg
珍しく黙っていなくてもかっこいいMavorsの兄貴が、非常に古いキャレンの床置き便箋を持っていらっしゃったところから始まる思い出話。
f0015853_16393666.gif
スンスンをご存じない区世さんもどん引きの内容でしたので、一部モザイクをかけております。


そんな感じで、先の会議終了後の撮影会でも、宿の方に「淑女ご遠慮願います」の札を入口にかけておいていただきたいほどの乱れた会話が。
f0015853_1720726.gif
そういえばスンスンもSatis出身でしたものね・・・。
f0015853_1723568.jpg

緩きこと大河の如く、嶮しきこと山の如く。
きっと他の勢力もこんな感じなのでしょう?

でしょう??


あ、名前伏せるの忘れてますね。
[PR]
by kyaren | 2015-08-27 17:26 | 陶酔 | Comments(6)
女神の微笑よりも
2倍期間中は延々IQと相対しておりました。
もう本当に気分悪くなるくらい延々。
おかげさまで26個の火炎の気も、残り3個にまでなりました。
残りはまたいつかの2倍で消費して行こうと思います。

袋大体150個、そのうち箱は4個。
得たドロップはZELとDAIと
f0015853_14353934.jpg


豊穣の女神は他の方に微笑むのが忙しかったようです。

しかし手に入れた微笑みの質なら負けません。

f0015853_14494183.gif
ありがとうございます、いつもわたしの男プリフェチ魂をくすぐってくださってお世話になっております。

f0015853_15423299.gif
赤騎士実装以来久しぶりの留守でして、当時はほぼわたしだけJOINして下さればOKだったから、という理由はございますが!

f0015853_15235152.jpg
恒例の会議終了SS。
いつもお付き合いくださってありがとうございます。

f0015853_15345418.jpg
久しぶりにINなさったレアキャラの飛雲さんに旗とタイトルをプレゼント。
せっかくの2ショットなのにカーソルを合わせるのを失念しておりまして、どちらが飛雲さんかわかりませんがまぁ若いほうがRikなのですがどちらも美男子すぎますのでよしとしましょう。
たまには・・・・遊びに・・・・いらしてください・・・ね・・・。


ああもう、男プリ様の微笑みはどれだけ記事にしても美しいですね!ね!


そうそう、火炎の気で無駄に貯まってまいりますアイスクイーンイアリングですが、実はアデンのNPCレオナが買取をしております。
f0015853_15101344.jpg
場所はアデン聖堂前。
珍しい赤ネNPCですのですぐお判りいただけるかと存じます。
[PR]
by kyaren | 2015-08-26 15:51 | 陶酔 | Comments(2)
何の話
死亡報告を怠っておりました。
死んだことを隠蔽しようなどと決して考えてはおりません。
決して。決して!!

キアナだったと思いますが無料イベマで1回死亡いたしました。
いわゆる寝落ちでございます。

ウニががしゃで1回死亡いたしました。
討伐に向かったものの現場に誰もおらず、天狗にざっくり吹き飛ばされてしまいまして。
死んだこと自体より、がしゃ会場に誰もいなかったことのほうがショックでございました。

死んだらSSを撮ろうと決めていたはずなのですが、ついつい忘れてリスタをしてしまいます。
この、「ついついリスタ」の癖はレイド中に発動すると他の方に大迷惑となりますので、充分に気を付けなければなりません。


わかっております。
死ななければ良いのでしょう。


しかしわかっていても「そうなってしまうこと/止められないこと」は、どなたにでもございますでしょう。


ええ、夜中にぶたまんを食べてはいけないことくらい、わたしにもわかっております。
けど既にもうコンビニでの販売が始まっているのです。
時候の挨拶でも残暑の扱いの今日この頃、既に夜にはコオロギが鳴き始め、秋の訪れの気配と共にぶたまんのほくほくした暖かさが指先に優しい季節がやって参りましたね。
しかしまだ早い。
ここで購入してしまうと自分に負けた気になってしまいます。
せめて雪の季節、いえ、吐く息が白くなる頃まで我慢しないと。

・・・ああ守護の女神アテーナ、戦の神アレウス、勝利の女神ニーケーよ!
ぶたまんへの欲望に打ち勝つ強さと、次の攻城戦の勝利を我に与えたまえ!


何の話でしたっけ。

f0015853_1034843.jpg
こちらの記事ですね。

あの時は画面内6名の男プリ様でした。
しかしこちらをご覧いただきましょう。
f0015853_10534599.jpg
ごちゃごちゃして見難いですが、あの記事よりも豊富に男プリ様達がいらっしゃるのがお判りいただけますでしょうか。

・・・ああ豊穣の女神アルテミス、美の女神アフロディーテよ!
眩しきことアポロンの如く、優しきことネレウスの如く、薔薇色の指もてる暁の女神エオスに祝福されし男プリ様達に栄光あれ・・・!


それでは今日は、このへんで。
[PR]
by kyaren | 2015-08-21 11:25 | 陶酔 | Comments(0)
戦争会議
昨日の会議は、個人的に非常に実りの多いものとなりました。
Satisfactionチーム戦争会議です。

今回特別に、Satisチームの会議の様子を暴露いたしましょう。


事前に、新しい男プリ様が参加されるという情報を仕入れておりまして、会議の前に入念に身を清め、ハイネホールへと赴きました。

そこにいらっしゃったのはKnightOfDiamonds血盟の男プリ様、初のお目見えでございます。

キャレンからのご挨拶に、デイジーの花束とバナナを贈ります。
f0015853_1958261.jpg
開始までしばし歓談。
f0015853_19544824.gif
そうこうしているうちにバニさんがいらっしゃってここからがSatisチームの連帯感の恐ろしいところ。
f0015853_20362314.jpg
参加者全員男プリ様での会議開始です。
f0015853_20254691.jpg
しかも横並び。どうかしちゃってます。
f0015853_20411950.gif
どうかしてるのはRikでした。
f0015853_20525750.jpg
しかしコウガさんはご欠席。
いえ、昌景さんに他意など微塵も無いのですが・・・失礼にも程がございましたね。
f0015853_21183452.jpg
そんなこんなで会議は時間を少々オーバーして終了し、
f0015853_2121488.jpg
終了後の階段下にて記念撮影。


この撮影の終了を以って、会議も無事お開きとなるのでございます。


ところどころ紳士にあるまじき振る舞いがございましたことをお詫びして、本日の日記を終えたいと思います。
[PR]
by kyaren | 2015-05-21 21:24 | 陶酔 | Comments(2)
この想いを伝える言葉を
もうこんな記事ばかりですし、新たに男プリ様についてのカテゴリを作ろうかと思ったのですが、「フェチ」という単語について改めて調べますと性的倒錯だの異常性欲だのとアダルトな内容が踊りまくっておりまして、さすがにそんな、健全な若者の接続を制限せねばならないような単語で括る内容では無かろうと思いますので、どうしたものかと頭を悩ませております。


萌え?
 いえいえ、そんな軽々しいものではありません。
マニア?
 マニアというにはもうちょと穏やかなつもりです。
やっぱりフェチ?
 性的な意味合いを込めないでくださいませ!いやらしい!


もっとこう、心酔だったり賛美だったり、憧れだとか愛慕だとか、そういった性差を超えた心の傾倒を詩的かつカジュアルかつ尊厳を持って表わす言葉は、日本語にございませんか?

自身が男プリであるRikをプレイ中の、他の男プリ様へ向かうベクトルには「乙女心」に因る部分が存在しませんので違和感が凄まじいのですが、仕方なく「乙女心なカテゴリ」に振り分ける本日の記事でございます。



攻城戦の仕様変更時、公式にたくさんの男プリ様の画像が乱舞していたのでやはり萌える日々だったのでしょうか、という質問をいただきまして、「いえそれほどでも(´・ω・`)」と即答してしまいました。

というのもですね、イラストがどうも好みと合わないのです。
こればっかりは個人の感覚となりますので、お好きな方には申し訳ないのですが。
f0015853_19314915.jpg
こちらは海外の男プリ様

せっかくですので現在公式の「過去のイベント」の一覧にあります画像のうち、わたしが復帰してからの男プリ様画像を見てまいりましょう。
 
f0015853_11114827.jpg
f0015853_11115228.jpg
f0015853_11115559.jpg
f0015853_11115814.jpg
f0015853_1112156.jpg
f0015853_11128100.jpg
f0015853_11121143.jpg
f0015853_11121436.jpg

こういった画像を作成する際には(たぶんですが)、いくつかのパターンのテンプレの人物画像を本職のイラストレーターが描き、そのデータを基にWEBデザイナーが背景をつけたり角度を変えたり文字を入れたりなどして仕上げるのですが、よほど豊富にテンプレ画像がデザイナーに供給されませんとこのようにかぶりまくるわけです。
(そしてまた当然ながら、よほどお金をかけないと豊富なテンプレ画像は入手できないのですよねぇ)

海外の公式やファンサイトを見ておりましても、なかなか好みの画像は見つかりません。
f0015853_11235843.jpg
唐獅子かよ

そういえば、今のキャラ画像に仕様が変わる以前のかなり古い時代には、男プリ様はもう少し後ろ髪が長かったですよね。
f0015853_19192774.jpg
縛った後ろ髪をなびかせて槍を持って大股でうろつく、未変身の男プリ様の後をついて行くのが大好きでした・・・(*ノノ)
f0015853_13554537.jpg
加工に加工を重ねてみましたがこれが精いっぱい。


ひとつひとつの画像についての感想は置くとして、結局のところ「脳内の妄想が一番捗ります」などというわけのわからないお返事となるわけです。
f0015853_1835898.gif
はいはい、もう異次元ですね。


そんなわたしの昨日の幸せ。

f0015853_18462951.jpg
グルの釣り場にて、男プリ様が2名並んで釣りをしていらっしゃる箇所がございましたので、Rikでその真ん中に陣取り1時間ほど昼寝をしておりました。
そして起きたらなんと・・・!
f0015853_1846422.jpg
増殖・・・!

天国に来たのかと思いました。
ええ、思いましたとも。
[PR]
by kyaren | 2015-05-13 19:24 | 陶酔 | Comments(0)
  ・ ・ ・