<   2015年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
戦士誕生初日
20時までのメンテ以降、何度挑戦しても鯖選択画面の次が現れず、再インストールの告知に従ってアンインストールとダウンロードとインストールを行って、ここでまず1時間半。

それでもやはり繋がらず、某掲示板の情報を元にプロパティをいじったりフォルダ名をいじったり、なんとか女戦士の画像が表示されるところまでいったものの、ログイン画面に到達できずにまたLineage.exeがタスクから消え。

そうこうするうちにブルースクリーンが出てしまい、PCは無事だったもののリネのランチャー画面で「インストールしなおしてや」と表示が出て、再度アンインストールしてインストールでさらに1時間半。

Captureフォルダは退避させていたものの、エンブレムの退避を忘れていたことに気づいて、またどこかのDVDだかなんだかから各種エンブレムを探してこないといけないのかとうんざりしている最中に、対応のパッチを当てたらもう再インストールいらないからねの公式の追記。

淑女にはあるまじき表現かもしれませんが、とりあえず今回の騒動にはこのひとことをNCJにお贈りいたしましょう。


「わらかしよんな」



まぁね、悪意をもってのこのていたらくではないのですし、そりゃ毎回こんなですからなんとかしてよと思わないでもないですが、人が為すことですし、手落ち手違いはままあることなのです。

ええ、ちょっとわたしの眉間に刻まれた3時間分のシワが気になるだけです。
がしゃどくろで得たかった3%を逃したのがくやしいだけです。
就寝までの時間が迫って、充分に新しい狩場を堪能できなかっただけです。



とはいえ、ちらりとですが、新しくなった場所を訪れてみました。

まずハイネ。

モンスターがアクティブになり、種類も増え、ドッペまで出るようになりましたね。
ドレッドスパイダーが前回のイベントより凶悪になったように感じますので、単騎でお散歩♪というのは非常に難しい気がいたします。
もしかして往年のロマンである、ハイネツアーの復活もあるでしょうか?
と思いましたが、少々アデナがまずすぎるかもしれません。
クラハンでしたら楽しいかもですね。


火山。

こちらもモンスターがいろいろとアクティブになりまして、アシタジオが範囲らしきものを使いますし、ラヴァゴレも数セル向こうから何か撃って参ります。
雰囲気的には昔の火山に近いですが、モンスターの数はそう多くはありません。
前衛様の単騎狩場になるのでしょうか?ペア狩場でしょうか?


シルバーナイトタウン。

なんであんなにファンシータウンになってしまったのでしょう。
吉野家コピペではありませんが、もっとこう、殺伐と乾いた空気でいて欲しい。
道具屋入口で向かいあった奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、 殺すか殺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんで

あ、そうそう。
ドアのCombatZoneに入りますといちいち「経験値を失います」の表示が出ますが、ゴウリキ様が身をもって実験してくださいました結果、経験値は失わないとのことでした。
(あまり無茶はなさらないでくださいね;;)

掲示板も何やら非常に可愛い背景となっております。
他の村までは確認しておりませんが、SKTの掲示板では僭越ながら2getをさせていただきました。

そんなファンシーなSKTでは、反王に額づいていた過去の自分を悔やみ続けていたブラックナイトのリッキーが、テレポーターの仕事を与えられておりました。
NPCとはいえ、憎めない相手が前向きな今後を過ごすとなると、何やら一抹の安堵感を覚えます。


1時間ちょっとのログインでしたのでそれほど遊べませんでしたが、最後は数分だけ二ノ丸へ行って、普段と変わらない(というよりハイネの後ではぬるくさえ感じる)狩場に少し心を落ち着けつつ、おやすみなさいをしたのでした。
[PR]
by kyaren | 2015-05-28 11:28 | リネ風景 | Comments(0)
うきうきうっきっきー
メンテが20時までに延長されまして、そこここで「知ってた」と言われるNCJではありますが、それはそれで頑張っていただくとして、暇になりますのでブログをちょこっと更新でございます。


戦士につきましては、とりあえず1キャラ作ろうと考えておりまして、既存のキャラを一つ消す準備をしておりました。

が、しかし。

削除予定のキャラは2004年作のプリンスでございまして、特に稼動などしていなかったものの何やら非常にもったいなく感じて躊躇しております。
11年ものですしねぇ・・・懐かしの、ディフォンダブレットシュージッツだかチェッツだかも持っておりますし・・・。

初日は初心者ゾーンに戦士達が溢れかえることでしょうし、しばらく様子を見てから決断したいと考えております。

あとは、謎の56キャップのケンラウヘル鯖。

「リネージュを遊ぶ」から「リネージュで遊ぶ」、13年前のあの光景を改めて味わって云々と4Gamerの記事に記載がございましたが、さてどうなることでしょう。

他人にスキンをかけることはできるのでしょうか。
壁越しでヒールをかけてありあなヒールありできますか?
便箋の床置きは?
犬レは?
エントはきちんと枝を出してくれますか?
全茶のLv制限は30ですか?
火山はLv40代でもペアで狩りできますか?
象牙の塔でPOTはドロップしますか?

まぁ13年前の仕様が「戻ってくる」わけではないでしょうし、あまり無茶な期待を膨らませるのはやめておきましょう。


・・・そういえば今日のがしゃどくろどうなるかしら。
キアナに経験値を上げたいので、毎週月火水20時は結構大事にしてるのですよ。

それにしても暇ですねぇ。


20時までのメンテ中、みなさん何して過ごされます?

わたしはうきうきワクワクドキドキうずうずニヤニヤして過ごして、ゴウリキ様からフナを戴こうと目論んでおります。

火山、ハイネ、黄昏、その他。
行きたいところがいっぱい。

新しい思い出がたくさん作れますように。
[PR]
by kyaren | 2015-05-27 18:51 | リネ風景 | Comments(0)
婦人部ガールズトーク☆彡 他
まぁそんななんだかんだですが、日々は穏やかに過ぎてまいります。

日曜午後は婦人部がチャットまくり。

昨今の日本社会における様々な問題をぴーちくぱーちくと語り合っておりました。


きらきらネームから
f0015853_1364881.gif
ごんぎつね
f0015853_13125559.gif
婦人部なりの考察も交えて語り合っておりましたが、
f0015853_13204417.gif
それなりの華ということでファッションについての話題に移ったものの、微妙に盛り上がらずアレルギー体質の話へ・・・
f0015853_1328576.gif
元気なお年寄りは明るい未来への約束なのかもしれません。
アレルギーの話題は続き、日光も悩ましいものでありこれからの季節の対策もなかなか億劫なものなのですが、それを楽しみに換えるのも女子力。
f0015853_14584252.gif
隠し切れない知性と教養はさておき、婦人部ならではの話題といえば
f0015853_13573887.gif
何らかの藪蛇だったのか、一般的に好きなタイプとか!と軌道修正をお計りになったものの、さらに話題は二転三転七転くらいいたしまして。
f0015853_1472568.gif
まぁここからは殿方にお見せする内容ではございませんので割愛させていただくとして。


延々釣りしながら、ログインスタンプの時間を消化しつつの語らいでございまして、その間にえらいことが起こりました。
f0015853_14151232.jpg
ログインスタンプ報酬のエルシャベ卵から、エリクサー:体力ゲットです。

何を勘違いしたか、STRのエリクサーが出たと言いふらしてしまいましたが、正しくはCONでした。


夕刻からは戦争に備えて。
大体Mavでは19時を超えると心地よい緊張感が漂い始めます。
徐々にアドレナリンが血中濃度を増し、トイレへ行く人お風呂に入る人肉を並べる人それぞれに準備が始まります。

そんな中、アジト横に謎の顔が描かれておりましたので全茶してみますと、ゴウリキ様と水素様が見物にいらっしゃいました。
f0015853_1428548.jpg
お二人とも、タイトルどうかしちゃってませんか。
なんだか哀愁漂ってますし。


クリスト討伐が失敗に終わり、ケントは獲得できたものの戦後反省会は大荒れとなり、途中でログインしてきた血盟員もどん引きの厳しさ。
f0015853_1573672.jpg
来週もがんばって参りましょう。


ギランクロス横にて、ウヴァさんとWIZ変身の腹巻について語り合っておりましたところ、水と共にお声かけいただきました。
f0015853_15474876.jpg
周りにあまりに人が多かったものですから、少し自信無げなお返事になってしまい申し訳ございません。
多少は謙虚なわたしなのです。
[PR]
by kyaren | 2015-05-25 15:17 | 日常会話 | Comments(4)
消えてしまった
金曜夜のしゃべりねでは戦士情報が放送されておりまして、有益な情報と申しましょうか考察の素地と申しましょうか、そんなものをゲットしつつ次回のメンテを心待ちにされる方も多かったのではないでしょうか。
どうにも名前が覚えきれないのですが、向かって右側の方の火エルフのお話、ああいうノリは大好きですので非常に楽しかったです。


が。



しゃべりねを見ながら倉庫整理をしておりまして、ふと、倉庫近くの聖堂の結婚掲示板を見てみたのです。

そしたらなんということでしょう。


書き込みが全て消えておりました。



最後に残っているのは、5月19日のどなたかの「消えてるの?」の書き込みのみ。

指の先から真っ白になるような、頭のてっぺんから冷たくなるような衝撃。
まさに血の気が引きました。

自分がそれほどあの掲示板に依存しているとは思いもよりませんでしたが、もうそこからはしゃべりねどころではなく、実はすごい勢いで泣いておりました。


たかがゲームに何をそんな入れ込んでるんだと思われますか。
しかしこればっかりはわたしの勝手。
何を大切にするかは人それぞれです。


全茶で悲鳴を上げましたところ、ぷりえさんが来てくださって、公式に復旧のお願いしてみたら?と助言をくださいましたので、早速サポートへ連絡。

翌日にはお返事をいただいたのですが「現時点では完全復旧は難しい」とのこと。

じゃぁいつの時点なら、などと食い下がるわけにもいかず、わたしの小さな思い出よりももっと重大なことはたくさんありますし、さすがに優先順位くらい弁えておりますし、結婚掲示板とはいえ昨今の中身はほのぼのしたものは少なくPKの煽り罵りばかりでしたし、消えてしまってほっとされている方も多いかと思いますし、

・・・と、何重にも喪失感を包みこんで折りたたんで壺に入れて蓋をしての心象作業。



女々しいでしょうけれど、ずっと励みに?よすがに?していたのです。
2003年6月、初めての結婚の聖堂予約の書き込み。

まだ何にも囚われていなかった頃の、楽しかったあの頃の象徴でもありました。
二度と戻らないあの頃、二度と会えない人、一緒に過ごした喜怒哀楽すべての時間の象徴でもありました。
そしてその書き込みは、このリネの世界の中で唯一何年過ぎても消えない掲示板に残る、自分の心と記憶の中だけでない、ある意味パブリックな、存在の実証と考えておりました。


ああ、でも消えてしまった。


SSを撮っていたと思うので確認しましたら、便箋のSSと同じように本文は残っておらず。
(OSの問題でしょうか?仕様でしょうか?)
f0015853_18141476.gif


ウニの初代夫の書き込みもキャレンのこっそりした書き込みも、全て消えました。

キャレンはまぁ現役ですから良いとして、ウニたんの、過去の夫との思い出への執着は相当なものですので、不憫でなりません。


過去に固執せず前を向け、とのアインハザードの思し召しでしょうか。
更に深い絶望へ堕ちてしまえ、とのグランカインの誘惑でしょうか。
[PR]
by kyaren | 2015-05-25 11:51 | リネ風景 | Comments(0)
戦争会議
昨日の会議は、個人的に非常に実りの多いものとなりました。
Satisfactionチーム戦争会議です。

今回特別に、Satisチームの会議の様子を暴露いたしましょう。


事前に、新しい男プリ様が参加されるという情報を仕入れておりまして、会議の前に入念に身を清め、ハイネホールへと赴きました。

そこにいらっしゃったのはKnightOfDiamonds血盟の男プリ様、初のお目見えでございます。

キャレンからのご挨拶に、デイジーの花束とバナナを贈ります。
f0015853_1958261.jpg
開始までしばし歓談。
f0015853_19544824.gif
そうこうしているうちにバニさんがいらっしゃってここからがSatisチームの連帯感の恐ろしいところ。
f0015853_20362314.jpg
参加者全員男プリ様での会議開始です。
f0015853_20254691.jpg
しかも横並び。どうかしちゃってます。
f0015853_20411950.gif
どうかしてるのはRikでした。
f0015853_20525750.jpg
しかしコウガさんはご欠席。
いえ、昌景さんに他意など微塵も無いのですが・・・失礼にも程がございましたね。
f0015853_21183452.jpg
そんなこんなで会議は時間を少々オーバーして終了し、
f0015853_2121488.jpg
終了後の階段下にて記念撮影。


この撮影の終了を以って、会議も無事お開きとなるのでございます。


ところどころ紳士にあるまじき振る舞いがございましたことをお詫びして、本日の日記を終えたいと思います。
[PR]
by kyaren | 2015-05-21 21:24 | 陶酔 | Comments(2)
後衛万歳
戦士実装まであと1週間となりました。

リネの悲しいところではあるのですが、素顔でいるより変身したほうがスピードがUPするのですよね。
おかげでわたしも含めて大抵狩りの現場では皆さま変身姿です。

兆しイベント最終地点のヘリオスは、きっと戦士のナマの姿だったと思うのですが、なんだか素敵・・・♥
f0015853_14163711.jpg
気をしっかり持たないとなにやら吸引されそうです。

が、戦士もきっとLvが上がるごとにこの肉体美を仮の姿に隠してアデンを駆け巡ることになるのでしょう。
つまんない

当然ながら男プリ様の未変身が一番美しいわけですが、女エルフもやはりかわいい。
しかし世の殿方には「リトルケレニス」がかなりの賞翫の対象となるようで。
f0015853_14543522.gif
確かに可愛いのですよねぇ・・・、わたしも復帰直後にいただいたスクを何枚かと、ピクシーワンドを数本残しておりますが、あまりにもったいなくて使えません。


ところで皆さま、戦士の育成はされますか?

わたしはこれ以上キャラを増やすと電池が切れてしまいそうですので、キャラだけ作成して斧だけ装備させてDKくらいにだけさせて置いておこうかと思っております。
まずは女戦士なのか男戦士なのかから決めないと。

結局やるのかって?
そりゃまぁねぇ、せっかくですしねぇ。

しかし基本的に後衛職が好みですので、あまり本気で育成はしない予定です。

前衛には前衛の良さがあるというのは重々承知しておりますが、後衛の醍醐味はやはり、
f0015853_15432395.jpg
前を守られ後ろを護り、
f0015853_15432632.jpg
危難の道を癒しの力で支えつつ、
f0015853_17444176.jpg
苦難を乗り越え
f0015853_17485046.jpg
喜びを共にする。

気持ちいい(*ノノ)これに尽きるでしょう。

f0015853_17592681.jpg
しかしもう少し上手くならないといけません。
[PR]
by kyaren | 2015-05-20 18:02 | 狩風景 | Comments(0)
アイデンティティ
週末は逢瀬もデートもペアもさせていただきまして、おかげさまで大満足となりました(*ノノ)


が、イベントPOTを買い込み過ぎて、消費が間に合わないのではないかと危惧しております。
5キャラにそれぞれ何千個かの赤Pと、3キャラに何千個かの青P。
アデナに換算すると、使った分も合せてM単位となるのではないかな、と数字に極端に弱い脳で考えております。
あと二日、残された時間はめいっぱい使っても約10時間。
計画的に利用しなかった自己責任でございます。


全然話は変わります。


「生きざまというのは刺激と反応の集大成である」というのはさっき思いついた謎の理論なのですが。

リネが始まって13年。

わたしがリネを始めたきっかけは、Yahoo!に掲載されていた広告だったかと思います。
友人の失恋の相談に乗るために、メッセンジャーを探していて見かけたのだったと記憶しております。

友人の失恋の相手はわたしの友人であり、平たく言いますと同じグループ内での恋愛のごたごたが当時引きも切らない状態でしたので、元カノの元カレは今カノの元カレで今カノの元カレの今カノはオレの元カノ、なんてこともザラでございまして。
わたしも恋人と別れた後、その方の友人であるわたしの元恋人から「今○○ちゃんの相談乗ってたんやけど良い人やのになんで別れたの」などと連絡が来たこともございまして、総じてみんな仲良しの暖かい繋がりであったなぁと思い出されます。
大体の友人たちは既婚未婚を問わず落ち着いたように思いますので、ここからは穏やかに時を重ねてゆくのだろうなぁと、妙な感慨深さがございます。

あ、話が大きくずれました。


リネが始まって13年。

現在26歳の方でずっとリネを遊んでらした方でしたら、既に人生の1/2。
39歳の方でも1/3。
52歳の方でも1/4。

長いですね。

ずっと毎日ではなくとも、時間をかけなければこなしていけないゲームですし、皆さまそれなりの時間をリネに費やしていらっしゃったことでしょう。


ずっと昔からではありますが、わたしはわたしなりの遊び方を続けておりまして、いわゆる「RPG」を楽しんでおります。

このブログはキャレンのものですので、リネ内のキャレンの延長であるのは語り口から滲み出る高貴さ清純さ可憐さからもお判りいただけますでしょう。

ウニたんもキアナもその人となりは異なっております。
キャレンのような仰々しい話し方はいたしませんし、戦争についても現在はノータッチですのである意味楽な生き方をさせております。
同じエルフとはいえ、存在の目的も生い立ちも違いますので、人格にも微妙な異なり方がございます。
ウニたんはスキンの仕様変更により現在精神的に暗黒面に堕ちておりまして、自分としても少々扱いにくい部分がございます。

Rikについては、エースさんから「男言葉やめてwww」と言われたこともございますが、腐っても男プリ、さすがにキャレンやキアナのように過ごすことはできませんのでそこは紳士らしく振る舞わせていただいております。
とはいえ、男プリという存在へのあまりの理想の高さゆえに挙動不審な一面がございまして、おっさんくささと子供くささが拭いきれない情緒不安定な人格となっております。

ILLを最近新たに育てておりまして、こちらは名前のとおり、キャレンとキアナの両面を併せ持つ人となりとなります。
が、援護職だと思って作成したILLは、「前衛」に分類されるクラスだとか。
作成から時間があまり経っていないこともありまして、微妙に方向性が定まっておりません。

他にも数キャラおりますが、それぞれに関わる人々に刺激を受け反応を返してのアイデンティティを持っております。

大体においてカタカナ名のキャラには際立ったキャラ立てと申しましょうか、ある種魂を込めてのプレイとなっておりますが、アルファベット名のキャラはそもそも前向きにプレイするために作ったわけでなく、何事かの必要に迫られての作成によるものでして、それほどキャラを立たせておりませんでした。
Rikのみ、昨今の仕様によりプレイにそれなりの時間を取るようになってまいりましたので、Lvや装備を揃えるだけではない育成を試みているところでございます(名前変えたい;;)。


そんなわけのわからない自己紹介により、いつもの通りの長文となりました。


わたしのリネのプレイ期間はトータル5年程度でございます。
それでも相当な時間を注ぎ込んでおりまして、「キャレン」として過ごした時間は人生の1/*となっております。

過ごす時間の内容もかなりの濃さだからでしょうか、それなりにリアルに滲み出るものがあるようです。
たとえば仕事に集中する時などは「キャレンモード」でいるとINT+2、SP+3くらいの能率アップとなるのに加え、あまり話しかけられることもございません。
来客中に「キアナモード」で過ごしておりますと話が弾みますし、歩いていれば見知らぬ方から道を聞かれる率が半端ないです。

溢れ出る知性と能力は言うに及ばず、また別の時には溢れ出る人当たりの良さがあるのでしょう、素晴らしいですねぇ^^


つまり。


卵が先か鶏が先かはわかりませんが、長く濃く、ある生きざまを以てプレイしていらっしゃる方々は、やはりそれなりの感性/感覚/倫理観を「リアルに」内包し、あるいは体現して生きていらっしゃるのかもしれないなぁと、思う次第でございます。
[PR]
by kyaren | 2015-05-18 16:33 | 自己紹介 | Comments(4)
あれもこれもしたい
昨日は嫌な雰囲気の緊急メンテナンスでしたね。
アイテムが持ち出せないとか渡せないとか、リスタしたら消費したアイテムが戻るとかで、あれこれをどうこうすると非常に具合の悪いことも可能になる状態だったとか。

ちょうど釣りをしておりましたのでメンテ前に餌を買っておくべきだったとか、巻き戻し中にもし靴が出てたらどうしましょうだとか思いつつ、長時間デポロジュー鯖とベガ鯖でうろうろしておりました。
あーつまんなかった。


ハイネイベントのほうは特になにかストーリーが増えるようなアップもなく、少々残念な気がしております。
こうなったらあと1キャラを挑戦させてみるのも手かもしれません。

しかしやりたいことがたっぷりありまして、せっかくのPOTイベントですし何か今のうちにしかできないことをとも思うのです。

普段でしたらなかなか挑戦する気になれない、
 MLCにて「世界の中心で孤独を叫ぶ」とか
 TOIにて「いと高きところにホサナ」とか
 二ノ丸にて「古織に学ぶ~その破調の美~」とか
 エルモアにて「死兆星体験☆彡」とか
 精霊の墓にて「最初からFSクライマックス」とか
 ラスタバドにて

あ、もう思いつきません(副題が)。

あとはクラハンもしたいですし逢瀬もデートもペアもしたいですねぇ。
しかも恐ろしいことに、わたしは現在5キャラ+αを育てているところ。
PCも中の人も一つですのに1日は24時間しかございません。
ここは強く仕様変更を求めたいところでございます。

んー、昨日の5時間半はもったいなかった。
メンテ明けに無理してCCクエを3回、IQ城1回をこなしまして、少々寝不足でございます。


ところで、デポロジュー鯖にキャラクターをお持ちの方は、クーポンをしっかりご確認なさったほうがよいかと存じます。
以前の不具合の補償が来ておりまして、アカウントごとの倉庫(カイモの倉庫)にアイテムが入りますので、アク鯖でも使用可能のお得なキューブが入手できる可能性がございます。

VIPの体験レッドカードも来ておりますが、これはもしかして月1の1週間かならず手に入るのでしょうか?

よくわかりませんが本日の日記はここまでとさせていただきます。
[PR]
by kyaren | 2015-05-14 15:39 | リネ風景 | Comments(2)
この想いを伝える言葉を
もうこんな記事ばかりですし、新たに男プリ様についてのカテゴリを作ろうかと思ったのですが、「フェチ」という単語について改めて調べますと性的倒錯だの異常性欲だのとアダルトな内容が踊りまくっておりまして、さすがにそんな、健全な若者の接続を制限せねばならないような単語で括る内容では無かろうと思いますので、どうしたものかと頭を悩ませております。


萌え?
 いえいえ、そんな軽々しいものではありません。
マニア?
 マニアというにはもうちょと穏やかなつもりです。
やっぱりフェチ?
 性的な意味合いを込めないでくださいませ!いやらしい!


もっとこう、心酔だったり賛美だったり、憧れだとか愛慕だとか、そういった性差を超えた心の傾倒を詩的かつカジュアルかつ尊厳を持って表わす言葉は、日本語にございませんか?

自身が男プリであるRikをプレイ中の、他の男プリ様へ向かうベクトルには「乙女心」に因る部分が存在しませんので違和感が凄まじいのですが、仕方なく「乙女心なカテゴリ」に振り分ける本日の記事でございます。



攻城戦の仕様変更時、公式にたくさんの男プリ様の画像が乱舞していたのでやはり萌える日々だったのでしょうか、という質問をいただきまして、「いえそれほどでも(´・ω・`)」と即答してしまいました。

というのもですね、イラストがどうも好みと合わないのです。
こればっかりは個人の感覚となりますので、お好きな方には申し訳ないのですが。
f0015853_19314915.jpg
こちらは海外の男プリ様

せっかくですので現在公式の「過去のイベント」の一覧にあります画像のうち、わたしが復帰してからの男プリ様画像を見てまいりましょう。
 
f0015853_11114827.jpg
f0015853_11115228.jpg
f0015853_11115559.jpg
f0015853_11115814.jpg
f0015853_1112156.jpg
f0015853_11128100.jpg
f0015853_11121143.jpg
f0015853_11121436.jpg

こういった画像を作成する際には(たぶんですが)、いくつかのパターンのテンプレの人物画像を本職のイラストレーターが描き、そのデータを基にWEBデザイナーが背景をつけたり角度を変えたり文字を入れたりなどして仕上げるのですが、よほど豊富にテンプレ画像がデザイナーに供給されませんとこのようにかぶりまくるわけです。
(そしてまた当然ながら、よほどお金をかけないと豊富なテンプレ画像は入手できないのですよねぇ)

海外の公式やファンサイトを見ておりましても、なかなか好みの画像は見つかりません。
f0015853_11235843.jpg
唐獅子かよ

そういえば、今のキャラ画像に仕様が変わる以前のかなり古い時代には、男プリ様はもう少し後ろ髪が長かったですよね。
f0015853_19192774.jpg
縛った後ろ髪をなびかせて槍を持って大股でうろつく、未変身の男プリ様の後をついて行くのが大好きでした・・・(*ノノ)
f0015853_13554537.jpg
加工に加工を重ねてみましたがこれが精いっぱい。


ひとつひとつの画像についての感想は置くとして、結局のところ「脳内の妄想が一番捗ります」などというわけのわからないお返事となるわけです。
f0015853_1835898.gif
はいはい、もう異次元ですね。


そんなわたしの昨日の幸せ。

f0015853_18462951.jpg
グルの釣り場にて、男プリ様が2名並んで釣りをしていらっしゃる箇所がございましたので、Rikでその真ん中に陣取り1時間ほど昼寝をしておりました。
そして起きたらなんと・・・!
f0015853_1846422.jpg
増殖・・・!

天国に来たのかと思いました。
ええ、思いましたとも。
[PR]
by kyaren | 2015-05-13 19:24 | 陶酔 | Comments(0)
Work it harder, make it better
昨日の戦争はまたひと味違いました。

祝!アク鯖初赤き騎士団からの完全防衛成功!

残念なことにSSを撮り忘れておりましたうえにクリストの姿もチラ見しかできなかったのですが、クリスト討伐の模様はLOG Satisfaciton様の記事に動画も公開されておりますので、ご興味をお持ちの方は是非ご覧になってくださいませ。

いやはや、ようやくここまで来ましたね。
Satisfactionが10年ぶりに戦争に復帰したのが昨年8月中ごろだったでしょうか。


そこから9か月、キャレンも動きを共にさせていただきました。
わたし個人のことを言いますと、年月の変遷により昔の感覚とのギャップや自分と血盟の立ち位置の決断に、復帰当初たいへん逡巡し苦労した部分がございました。
そしてまた勢力自体も、HDの終わりのように移り変わる仕様の壁に翻弄され、幾度挑戦しても乗り越えられない険しい断崖に流した苦渋の汗もついた溜息も数知れず。

ここしばらくの勝利に甘んじることなく、今後も気を引き締めていかねばと、一介のヘルプながらに決意を新たにしているところでございます。



・・・などと書きますとたいへんに堅苦しいように思えますね。
まぁ実際わたしは堅苦しい人間なのだなぁと自覚しております。
とんでもなく緩い部分もございますが、こと戦争になりますと、未だに昔の感覚を一部引き摺ったままなのでしょう。


いつかの古い記事に書いておりましたとおり、戦争とは自分の力を試す場と考えております。
装備やレベルや、どれだけ敵を倒すかが「力」ではありません、と当時より断言しておりまして、そこは今も変わらず固執した考えとなっております。

じゃあ何が「力」なの?と問われますと答えに窮しますし、それでもいいから語れと言われますと普段の日記など走り書きのメモ程度に感じられるほどの長文となりますので、ひとことで申しますと。


およそあらゆることが。




まだまだ勢力として攻略するべき課題は在りますでしょうし、血盟主として個人として目標としたい事柄も多々ございます。

未熟な若輩者ではございますが、自分にできることを無理のない範囲で楽しみながら(これが一番大事)、ゆっくりとでも積み重ねて成長していければと思います。
[PR]
by kyaren | 2015-05-11 13:13 | 戦争 | Comments(0)
  ・ ・ ・