<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Forgetting why, Remember how
なめこいねこ、つまりクーガーですが、猫背にも程がございますね。
痛い割にドロップが素敵なわけでもなく、イミュやPOTの消費もございますし、死ぬことも多々ありますので当たると損しか無いような気がいたします。

f0015853_11385253.jpg

可愛いから許す、という依怙贔屓を隠さないRikでございます。


わたしがキャレン、ウニのみならずほぼ全てのキャラに共通して男プリを愛しているというのは、もう皆さまご存じのことでしょう。


その昔、Mavorsを引き継ぐにあたって君主キャラを作成する際「姫をやれ」と散々言われたのを思い出します。

別に姫が嫌いだったわけではございませんが、どうせやるなら絶対に男プリが良いと我を通してRikを作成いたしました。

その後νの旗プリとして姫を作成したわけですが、作成当初から文句ばっかり言っていますねw

どうも殿方にとって「姫」は萌えポイントが高いようです。
その気持ちはなんとなくわかります。
華奢で少しか弱そうに見える、だけども君主である限り芯が強いところもあって、と言った感じの危うい存在感が、「守ってあげたい」「支えてあげたい」という保護欲のような部分を刺激するのでしょう。

しかしあれから10年近くが経とうという今になっても、やはり自分で姫をする分には萌えポイントがひとつもありません。
今、νの姫はただの倉庫と成り果て、Lvも46のまま。
今後動かす必要は無いので消してしまっても良いくらいの立場なのですが、血と汗と涙が刻み込まれた思い出満載のキャラですので、ν血盟の名前と共に今後も永久保存でございます。


そういうわけで、現在自分自身ではνの姫以外の倉庫プリ数名と血盟君主が全部男プリでございます。

また、MavorsⅡには副君として4名の男プリ様が在籍中でございます。

たまんないですね。

散々UPしておりますが、戦争会議では終了時に宿の鍵を返却する男プリ様と秘かに記念撮影も行っておりまして、リネに復帰して1年半で撮り貯めた美しい男プリ様達のSSは、自分自身も含めて膨大な数に上っております。

また最近ではハイネや鏡の森を徘徊し、自分自身と対峙してはハァハァその美しい姿と死に際の声を愛でております。
f0015853_14144774.jpg
RikはRikなりに、Mavorsの君主としてまた男プリとして、しっかり振る舞わねばと日々努力を重ねているところではございますが、やはりどうしても情緒不安定な部分がございます。


生粋のプリ様というのは、昨今ではなかなかお目にかかれなくなったように思います。

今現在君主クラスをメインでプレイしていらっしゃる方は、どういった方々なのでしょう。
当然戦争クランの君主様でしたら「君主こそ本分」でいらっしゃる方のほうが多いかとは存じますが、中にはわたしのように君主がメインではない方もいらっしゃるかもしれませんね。


昔から人見知りが激しい奥ゆかしいタイプなもので、それほど多くの君主様にお目にかかったことはございませんが、フェチなりに厳しい視点のなかで眩いまでの輝きを放っていらした男プリ様がいらっしゃいました。

そのうち関わり合いの深かった方々につきましては、昔の記事で既に長々とご紹介させていただいておりますので割愛するとして、あまり関わりは無かったけれど忘れたくない男プリ様を、今のうちに記しておこうと思います。


初代Banditsの君主、Adamy様。
古すぎてアレですが、アク鯖で初であろうPKクランのプリ様でした。
PKクランではありましたが、非常に硬派なクランだったと記憶しております。
彼の引退攻めには一般クランからのJOINも多かったとか。
引退なさってからもPKクランは存続していたようですが、どのような変遷を経て最終的にはどのような人々の集まりになったかは、皆さまご存じの通りかと思います。
わたしの中ではAdamy様のBanditsは後のクランとは全くの別枠に分類しており、ウニは今でも後生大事に、Adamy様が差出人の引退クジの便箋を持ち歩いております。

GallantsのYasuhiro様も、一度お話させていただく機会があっただけですが真の男プリ様でした。
他の方の古い日記でも同じ意見が書かれておりますが、それは「自分がプリでなかったら彼の血盟に入ってた」という内容でして、きっとわたしもνの幹部/Mavの血盟君主でなかったら、Gallantsに加入希望していたことでしょう。
細かい歴史などについては覚えてなかったり伝聞だったりで良くは存じませんが、当時ひとつの血盟で他勢力と渡り合っていらした姿勢と闘いに対する熱意は、完全にわたしの好みと合致しておりました。


何度も同じことばかり書いているような気がしますが、昔は君主というクラスはそれだけで一目置かれると申しましょうか、大きな存在であったと思います。
血盟員は君主とその旗に誇りを持ち、ある時は堅牢な盾となり強靭な剣となり、君主は名誉と威信、鷹揚さと厳格さ、そして責任を持って血盟員を護っておりました。

こういったことばかり書くからまた自分へのハードルが上がるのかなと思いますが、Rikもドッペを倒してハァハァしている場合ではございません。
自分自身の理想を鑑として一層の研鑽に励まなければ、と、決意を新たにするのでございます。
[PR]
by kyaren | 2015-10-30 15:59 | 陶酔 | Comments(2)
かぼちゃ
復帰して驚いたことのひとつが、武器や防具の様変わりでございました。

わたしの手元にありましたのがマナスタッフとALA。
籠手はパワーグローブで、足もとはアイアンブーツ。
頭とマントは当然の如く、マジックヘルムにマジッククローク。

まぁこれはWIZ装備なわけですけれども、まずはDrKを育てようということで、とりあえずの手持ちの防具を使える物は使い、無いものは飛雲さんに斧などお借りしての育成でございまして。

しばらくSatisに居候させていただき、たまにボス狩りなどでご一緒させていただいた際に、驚いたのです。

かぼちゃが潰れるエフェクトの武器があるなんて・・・!
たぶんあれは、パンプキンチェーンソードなのでしょう。

それまでの狩場で、テーベ弓の変な舌を出すおじさんの顔だの、藁人形に釘を打つ(わたしにはどうしてもあれがシャコに見えるのですが)エフェクトだのでビビっておりましたが、あの「かぼちゃの潰れ」はなぜか見ているだけでとても楽しくてね。

たぶん、幼少の頃毎年夏になると実家の庭で親戚一同集まってお盆を過ごす際に行われた、スイカ割りを連想するのでしょうね。

実家は農家でしたので、野菜も果物もそれなりに旬のものがございます。
最近では新たな品種の育成を愉しんでいるようで、この季節に実家を訪れますと金銀銅のみならず緑や斑や西洋風の形をしたかぼちゃなどが収穫されて土間に転がっておりまして、やたらと大きなかぼちゃを「持って行け」と言われては断って、出来る限り小さ目のかぼちゃを頂いて帰るのが通例となっております。
食べきれませんのでね!


さて、そんなかぼちゃを叩き壊してはやたらと硬いモンスターを倒すイベントを毎日こなしております。
f0015853_1734428.jpg

なめこいねこ
ふんどしのおとこ
ふさふさのいぬ
そらとぶさめ

ひらがなの名称ですと、脳内への入力に少々のエラーが起こりまして、

なめこ いねこ
ふんどしのおとこのこ
ふさふさ のいぬ
そらと ぶさめ

とわけのわからないところで区切りをいれてしまいます。

最近では なめこ いねこ が「なめ猫」という名称で伝えられて参りますので、数日の間なめこなめこと言っておりましたが、ようやく脳内でも「なめこいねこ=なめ猫」と1プッシュで入力されるようになりました。

そんなイベントの裏マップへ、前衛5WIZ1のクラハンにて2時間半籠ってみたわけですが・・・

しっぽとはね(呆れ気味)
ひかるTUEEEEE
おおき なにく

とこれまた謎な解釈をしてしまっております。

クラハン自体は最初の内立ち回りが悪くMPが危ないところではございましたが、慣れてまいりますと前衛様方の破壊力にペースを合せることも楽になってまいりました。

が。

なんというドロップのしょっぱさでしょう。

せめて謎なキャンディでも集まれば、かぼちゃ作りにも精が出ますし、不在のクラン員のためにキャンディを残して後日また裏マップクラハンなりかぼちゃ作りなりをみんなで楽しむということも出来るでしょうに、裏マップでは1個たりともキャンディが出ません。
さらに2時間半の狩りで手に入ったのは、各種高級宝石と1人150K程度のアデナ、銅と銀のかぼちゃが1個ずつ。
f0015853_17342426.jpg


これ、何が楽しいんでしょう????
いや、クラハン自体はとても楽しかったのですけれども・・・。

もうちょっと「もっとここで遊びたい」というワクワク感を持てるような設定にしていただきたかったな、と、秋の夜長に溜息をつく10月後半なのでした。
[PR]
by kyaren | 2015-10-26 17:40 | 狩風景 | Comments(2)
MavorsⅡ(Ⅱはローマ数字の2)でございます
バタバタしておりまして、各方面にご心配とご迷惑をおかけしております。

清く正しくあることを目指して日々精進を重ねております、MavorsⅡ(Ⅱはローマ数字の2)でございます。

日頃の行動をご存じの皆さまであれば、MavorsⅡ(Ⅱはローマ数字の2)がどのような血盟であるかお判りいただけているかと、ある種の自負と傲慢さをもって活動を続けております。

f0015853_14214990.gif


さまざまな啓蒙活動も行っております。
f0015853_15583323.gif
男プリ様ばかりに拘っているように思われがちですが、そういうわけでもございません。
f0015853_1645842.gif

戦争につきましては、MavorsⅡ(Ⅱはローマ数字の2)は現在Satisチームにて参戦中。
f0015853_15338100.jpg
和気藹々とした中にも真剣な議論と検討を重ね、毎週日曜22時よりの対戦に備え研鑽を積んでおります。
f0015853_1535118.jpg

最近は少々機会が減っておりますが、MavorsⅡ(Ⅱはローマ数字の2)のメンバーが揃えばクラハンだっていたしますし
f0015853_1618552.jpg
ボス狩りだっていたします。
f0015853_1622978.jpg


懐かしい方からはこういったご希望もいただいておりますので
f0015853_16345827.gif
日頃より自身とMavorsⅡ(Ⅱはローマ数字の2)の身の持ちようには留意しております。

f0015853_16385628.gif

今後ともMavorsⅡ(Ⅱはローマ数字の2)をよろしくお願いいたします。
[PR]
by kyaren | 2015-10-21 16:47 | クラン | Comments(0)
Talk about stalk
3週間ほど前の会話ログです。
当時爆弾イベントまっさかり、この日は日曜でございました。
f0015853_13262398.gif
いそがしい合間を縫っての爆弾タイム。
ちょうどお昼を過ぎて数時間経った頃の、いわゆる昼下がりの眠気誘う時間帯。
こんな時はつらつらとお話しながらの狩りが良いようです。

日曜は夜がバタバタしますので、昼の間に爆弾を終わらせようとRikもイベントマップに向かいます。
場所と場合によりますがあまり大人数固まりますとさすがに効率が落ちるでしょうし、できれば同じ血盟員とはかち合わない方が良いかなと思いましての問いかけ。
f0015853_1339557.gif
眠気払いなのでしょう、Ruさんが本日のお題を提出なさいました。
f0015853_13451570.gif
Uvaさんの狩り中の集中力はすごいものがありますので、当然返答も遅れがちになっていらっしゃるのでしょう。
f0015853_134846.gif
クラスメイトが苦労しておりました。
恋人→ストーカーという感じで進化したようで、自宅への押しかけ、クラスメイトの友人(異性同性を問わず)へのマウンティング、特に危機感を感じる相手には陰口の吹聴という牽制。
さすがに嫌気がさしたクラスメイトが別れ話を持ちかけた後、すぐに始まる監視、無言電話、頼んでないピザや寿司の大量配達の嫌がらせの数々など、どこかにマニュアルがあるのだろうかという典型的なストーキングっぷり。
そのエネルギーがもっと良い方向へ向いていればよかったのでしょうけれど、風の噂ではそのストーカーは悲しい結末を迎えたようです。
f0015853_1422864.gif
Ruさんが憐れみを覚えるほどRikがスルーされているように見えますが、Uvaさんの狩り中の集中力はすごいものがありますので。
ありますのでね!
ね!
f0015853_14252751.gif
ほら!やはりRikはストーカーではないのです!
f0015853_14264143.gif
何の不安かわかりませんが、ちらりと頭をよぎる言葉・・・
「お前が深淵を覗き込むとき、深淵もまたお前を覗き込んでいる」
f0015853_14375839.gif
めっちゃ書いてますねwwwwwwwwww
せっかくログの切り抜きもしたことですし、続けることにいたしましょう。
f0015853_1445379.gif
もう既に古い話題かもしれませんが、山本耕史と堀北真希の衝撃ニュース。
6年間一歩間違えばストーカーとなるほどのアタックを続け、ついに結婚という話題でした。
世の中、基本的にイケメンは正義でございます。
しかしあれも、山本側の女性遍歴を考慮しての印象操作だったという説もございます。

そんなことを考えているうちに、とうとう自分の中の深淵を覗きこんでしまいました。
f0015853_14534375.gif
そして止せば良いのに、更に深く深淵を覗きこませようとするRuさん。
f0015853_1456496.gif

そんなだからこんなことになるのです。

f0015853_154697.gif


ふふふ・・・・逃がさない・・・・


f0015853_157788.gif


「お前が深淵を覗き込むとき、深淵もまたお前を覗き込んでいる」



f0015853_1584079.gif


結局、Uvaさんの心の広さだけが際立った昼下がりだったのでした。

めでたしめでたし。
[PR]
by kyaren | 2015-10-14 15:18 | 日常会話 | Comments(0)
愛憎の狭間で
f0015853_1313584.gif
10年あたためた作戦でしたが、重大な手落ちがございましたね。

これはもう、会議で更なる戦術を検討せねばなりません。
でも・・・
f0015853_1381281.jpg
会議会場がこんなに狭いと議題も何も吹っ飛んでしまいますね・・・!


仕方ないのでわたしはキャレンのまま参戦することにいたします。
f0015853_13233728.gif
即却下。

それには非常に大きな理由がございます。
f0015853_13252370.gif
男プリ×女戦士だろうと女エルフだろうと女WIZだろうと女DEだろうと女ILLだろうと女DrKだろうと女ナイトだろうと、男プリ×姫の組み合わせ以外でしたら全く問題はございません。
普段の生活でも「嫉妬」という感情はほぼ起こりませんので、これにはきっと何らかのトラウマ的理由があるのかなと自己分析しております。
f0015853_1337480.gif


先日、KoDの姫様がいらっしゃいましたので、せっかくですので記念撮影をお願いしてみたのです。
ある意味、自分自身への挑戦でもありました。
f0015853_13432191.jpg
即敗北。

プロポーズまでしておいて何なのでしょう。
仮に結婚したとして、こんな心理状態でいったいどんな結婚生活を送るというのでしょうか。
f0015853_13463742.jpg
とはいえやはり男プリと姫の2ショットは美しい・・・!
f0015853_144112.jpg

「人んちの庭先で何をやってるんだ」とバニさんに叱られましたので、二人して猫に変身してSaitsアジトに●しまくって叛逆。
f0015853_1483958.jpg


変身していればまったく嫉妬は起こらないという、謎仕様でございます。
[PR]
by kyaren | 2015-10-09 14:11 | 陶酔 | Comments(0)
戦争と財布
半年ほど宇宙暮らしをしておりましてね。

その世界では、PCは宇宙船のパイロットでした。
クエストやミッションや通商やPvPを通してお金を稼ぎ、自分の宇宙船をグレードアップしたり買い替えたり、リネで言うLvを上げていくわけです。
広い宇宙の各星系は比較的安全な地域もあれば、一歩入っただけで撃墜されるような恐ろしい場所もありますし、海賊行為や詐欺も横行しておりまして、ある意味ひどく殺伐とした世界ではあったのですが、わたしはソロプレイにて専ら比較的安全な地域の小惑星帯で鉱石を採掘しつつ、たまにミッションをこなして容量の大きい鉱石運搬船を購入してはまた採掘し、少しでも良い価格で買い取りしてくれる星系へ運ぶという、地味プレイを楽しんでおりました。

基本的に1ヶ月1,000円の月額課金のゲームなのですが、なんとゲーム内の通貨で1ヶ月のライセンス(プレイ権利)を購入することもできるのです。
ソロプレイでは半年経っても稼ぎきれませんでしたが、大きなギルドに所属してもっと真剣にやりこめばなんとかなったかもしれません。
そんなわけで、大戦争など起きた場合には損失の計算が容易にできるわけです。
まぁ参加者の人数がけた違いなので、3000万円の損失もさもありなんというところなのでしょうけれど、


ああっ!また前置きが長い・・・!


というわけで、お話はリネに帰還。


仕様の変更によって(?)、城の税収はひと昔前とは比べ物にならないほどの金額となりました。

現在、世界地図を表示して各城にカーソルを合わせますと、城主の情報と税収の現在値を確認することが可能です。
f0015853_20175127.jpg
ギラン>ケント>OTの順で大きな収入となっているようです。

たぶんどこの勢力も同じかと思いますが、この税収の中で報償を分配したり、次の戦の準備を整えたりしていくわけですね。

さて、一昔前ですとハイネあたりで多くて100Kくらい、OTでしたらさらに少なかったのではないでしょうか。
このあたりはストーリー的に、ケンラウヘルの圧政のせいだったかもしれませんね。
戦争開催が4日に1回(最初の頃は2日に1回)だったという理由もあるでしょう。

戦争参加者への分配も、大抵は10Kから20Kが精いっぱい、税収がそこに届かない場合は君主や血盟の自腹だったこともありました。
f0015853_20152395.jpg
2時間いっぱいがんばってもその報酬額。
アデンは首都ですし攻城戦時のボスドロップなどもありましたでしょうし、もっと多かったかもしれませんけれど、νは負け戦も多かったので戦争参加への負担は相当なものだったと思われます。


で、負担は今も相当なものです。

税収は大幅アップとなっておりますが、昔には存在しなかった食糧や霊薬等、1個使うだけで昔の報酬何回分かが吹っ飛ぶ消費がございます。
最前列の前衛でしたらPOT代だけで1M以上が消費されるとか。
後衛でも矢や玉や魔石、スクロール類は言うに及ばず、前衛より数は少ないかもですが当然POTの消費もありますので、10Kだった報酬が100Kになったところで、追いつくものではありません。

この消費をリアルマネーで換算すると、いくらくらいになるのかなと思いましたので、冒頭のお話となったわけです。

トレード可能なショップアイテム等と換算しますと、大体1M400円くらいでしょうか。
戦争参加者が150名と見て、単純に400円をかけて・・・

1回の戦争つまり1時間で鯖で消費されるリアルマネー、6万円。


あれ。
記事にするほどでもなかった・・・のかしら・・・。


とはいえ昔も今も、リアルもゲームも、戦争ってやつの経済効果って怖いですねというところで今日のお話は締めとさせていただきます。
[PR]
by kyaren | 2015-10-08 20:41 | 戦争 | Comments(0)
過去、現在。それなら未来は
懐かしいな、と思ったのです。

あれはEP4最後のケント戦

そういえばあの頃は、このブログのタイトルも末尾が「for love」でしたね。


EP4の最後のケント戦では、わたしが当時ハイネ城主だったために82号が旗となり、BRIGHTZがνとして城を獲得いたしました。

あのケント戦前後の混乱、今でも覚えております。

敵対と共闘をせずに戦争をしていたνでしたが、あの日に限ってCOFからの共闘の打診を土壇場で是としました。

当時100+の大同盟と50程度のν、もう少し少ないCOFだったでしょうか。
何事かの思惑があったのでしょう、大同盟に取られるくらいなら、という意図による共闘打診だったかと思います。
2つある門のうち一方を突破し、GTに着いた時点で本来なら乱戦となるはずでしたが、νとCOFの間で戦闘は行われず、共に大同盟を迎え撃つ形となりました。

覚えております、とか言った割には細かい戦闘の内容はすっかり時空の向こう側でございますが・・・。

結局νがケント城主となり、EP4の最後のケント戦は終了となりました。


実はその戦争の前日、朝3時過ぎまでケント戦についてν幹部で話し合っていたのです。
幹部数名が攻めに難色を示す中、本当に攻めるのかどうか、攻めたとしても競合勢力の強豪たちにどう立ち向かうのか、普段より激しくなるであろう消耗や負担をどのように購うことができるのか、勝った場合ケイヴは開放するのかしないのか。
f0015853_20201165.jpg
当時のνは、獲得した城の城門は必ず開放して誰であれ城内ケイヴを楽しめるようにする、城の獲得のために他勢力と共闘はしない、獲得した城は最低でも1度は防衛する、これを旨としておりました。

しかしEP4最後ということもあり、数日だけでも城門を閉じてケイヴをνだけで楽しもうという意見が多く、最終的な採決で、ケントを獲得した暁には2日間城門を閉じることに決定しました。

なのに当日の急遽共闘。
ν内でも「闘っていいの?だめなの?」と相当の混乱がありました。

その流れからの城門開放。
共闘で獲得した城の門を閉じるとは何事、と一部情報筋からの意見とν内部からの批判により、急遽城門を開放したのでした。


今だから言えることでもあり、あくまでも個人的な心情ですが、当時ものすごい屈辱と自己嫌悪でした。

城門はいつの戦いであれ、開放したかった。
共闘については仮に戦略上必要だったとしても、あのような形ですべきではなかった。
前日早朝まで眠気に責め苛まれながらも話し合ったことが全ておじゃん。
最終的に城主になり、城門も解放になり、「結果オーライ」という呼び方がぴったりの一戦だったのでしょう。
でもわたしは「結果オーライ」が欲しかったわけではなかった。
そんなふうにやたら深刻な気分で、素直に状況を愉しめなかったのはたぶん、わたしの拘りが強すぎたからかもしれませんが。


さらに長時間におよぶ会議を経て、次のケントは本来であれば防衛するところを、放棄することに決定しました。
命をかけて城獲得に尽力してくれたνのメンバーとヘルプに対して放棄は失礼なのではないか、いやいや共闘で手に入れた城を防衛することこそが失礼なのではないか、侃々諤々とこれまた早朝まで話し合いました。

ケント戦の次のハイネは攻めのない暇防衛でした。
クラチャで、共闘で獲得したケントを防衛せず放棄すること、初心に戻って次は自力で獲得を目指すことをνのメンバーに伝え、何とか大方の賛同を得たのでした。


えらく古い話をいきなりいたしましたが、懐古厨の呟きとご容赦くださいませ。


・・・・・・まぁなんかいろいろありましたねぇ!



νは一勢力の呼び名となっておりましたが、血盟名「ν」はわたしが旗プリをするときだけに現れる、完全な箱クランでした。

箱クランですと、城主となった場合でも全ての血盟員が各自のクランへ帰って行かれますので、城の中でひとりぽっちであることがほとんどです。
気を使ってかしばらく一緒に居てくださった方もいらっしゃいましたが(愛してます)・・・これが寂しいのなんのって。
まぁ、「寂しい」というのは今だから感じることであって、当時はそれが当然のことでしたので別に問題は無かったのですが。


昨日は衝撃的だったのです。
f0015853_2041567.jpg
自分が城主となった後に城内に血盟員がいるという事実、これがこんな暖かい気分になるものとは。
一血盟単独で戦争をしていらっしゃる血盟の君主様だと、それはもっと濃い気持ちかもしれません。

いやいや、濃さでは負けません。
f0015853_2152412.jpg
わたしにとっては8年半ぶりの城主であり、Mavorsの名が城主として表示されるのは飛雲さんが君主であった頃以来ですのでほぼ10年近く前の話になるはず。

過去のクラウンと現在のクラウン、その重みの質は少し違います。
現在は過去とは全く違う心持ちで全く違う戦い方で全く違う仕様上の戦争を余儀なくされておりますし。

それでもやはり、この重みは多くの人の力の結晶。
f0015853_20404574.jpg

来週の戦争も、がんばります。
[PR]
by kyaren | 2015-10-05 21:40 | 戦争 | Comments(6)
【続】エンブレム
時間が空いてしまいましたが、エンブレムの続きをUP。

下の14個のエンブレムと、以前書きました記事内で自由にお使いくださいと記述しましたエンブレムにつきましては改変自由、使用料不要、連絡必要なしでご使用くださって結構です。
お眼鏡に叶う物があれば光栄でございます。

f0015853_19213562.gif
f0015853_19213827.gif
f0015853_19214042.gif
   
f0015853_19214265.gif
f0015853_19214488.gif
f0015853_19214682.gif

   
f0015853_19214883.gif
f0015853_19215170.gif
f0015853_19215397.gif

   
f0015853_19215596.gif
f0015853_19215710.gif
f0015853_19215961.gif

   
f0015853_1922154.gif

f0015853_1922377.gif



【エンブレムの使い方】

①画像を右クリックするなりScreenShotを撮るなりなさって、画像をコピーしてください。

②ペイントに貼り付けて、エンブレムをトリミングしてください。
  大きさは縦12、横16ピクセルです。
  トリミングの必要が無ければ③へお進みください。

③BMP形式で名前を付けて保存してください。

④保存したBMPファイルをLineageのフォルダにコピーなり移動なりしてください。

⑤プリでLineageにログインしてください。

⑥血盟メニューから、エンブレムの保存をクリックしてください。

⑦先ほど保存したファイル名を .bmp の拡張子まで入力してください。

うまく表示されたら成功です。

---

さて、そして大事なことですが。

以下5点のエンブレムにつきましてはフリーで配布しているものではございません。
f0015853_11451241.gif
特に真ん中の旗について、他鯖で改変してお使いになっていらっしゃるのをWEB上でお見かけいたしました。
お心当たりの血盟の方は、早急に別の旗に差替えをお願いいたします。

f0015853_1155195.gif
上記5点につきましては、今後も他の方にお譲りすることはございませんし、譲渡・貸与の交渉に応じることもございません。


自作のエンブレムは著作物であり、著作者は著作権を保有しております。

よろしくお願いしますね。
[PR]
by kyaren | 2015-10-03 19:36 | リネ風景 | Comments(2)
9月のSS
今年は秋が来るのが早かったように思います。
我が家の地域の気候はかなり凉しめではありますが、さすがに夏はエアコン必須。
ですが9月の半ばあたりから、夜はもちろんのこと日中もほぼエアコン無しで過ごせるまでに涼しくなりました。

そうなって参りますと、豊穣の秋、つまりサンマの旬がやってまいります。
f0015853_1535798.gif
今年は既に10本近くの塩焼きを食べまして、旬が終わるまでにあと10本ほど胃袋に収めようと考えております。
実は今も仕込み厨。

そんな9月の総括でございす。

f0015853_12135676.jpg
夏生さんの声かけにより、がしゃ中にダークレンジャーズを結成いたしました。
ダークレンジャー変身で近くにいらっしゃった見知らぬ方に無言で勝手にPTを投げ、無理やり集められた総勢6名の勇士。
NB率が非常に高く、回復ならお手の物(わたしはこの時ウニで参加しておりました)。
そんなわたしたちのクールな姿に惚れ惚れなさったのでしょう、ライフストリームをかけて下さったWIZ様がいらっしゃいまして、わたしたちの輝きが一層の美しさを増した1シーンでございます。

f0015853_1223470.jpg
赤き戦場では勝ったり負けたりの戦歴となりまして。
こちらが召喚したクリストと、あちらが召喚したジリアンですが、出会った瞬間NPC同士で闘い始めましてね。
これは仕様なのでしょうか、頼むからPCと戦ってくれとw
そういえば前回のギラン防衛で一瞬クリストからタゲを受けまして即死いたしました。
赤き戦場ではさすがにあれほどの強さはございませんが、敵側に出た際にはWIZですとPOTが間に合いませんねぇ。

f0015853_12301697.jpg
さぁさぁ、男プリ様が何名いらっしゃるか、お判りでしょうか?
このSSでは見切れておりますが、実はこのとき右端にもうお一人男プリ様が立っていらっしゃいまして、総勢14名の男プリ様が画面内にいらっしゃるというヘヴンリーな空間となっておりました。
非常に素晴らしいSSですねぇ、額に入れて飾っても良いですねぇ。

我がクランでは現在男プリ様が自分も含めて5名在籍中でございます。
なんと、4名が副君に任命されております。
仕様上では1名のみだったと記憶しているのですが、実際どこまでの人数を副君に任命できるのか確かめてみたいと常々思っております。

さあそこのあなた。
ぜひMavorsに男プリ様でJOINしてみませんか。

ちなみに、さすがに男プリ様とはいえ、身元保証がない方の場合シルバーパスが終了するまでは修練として在籍していただき、そこから段階を踏んでの副君任命となりますので、あしからずご了承くださいませ。

f0015853_1238448.jpg
とは申しましても、我がクランには他のクラスも当然存在しております。
筋肉の美学をこれ見よがしに見せ付ける戦士達。
この勇猛果敢な姿に、マジックドールも燃え上がらずにはいられません。

f0015853_1243658.jpg
燃えるといえば、愛の炎でございますね。
何気なく帰還したアジトで、夏生さんとRuさんがそこらじゅうに放火なさっておりました。
そりゃもうアジト全面に。
ああいやらしいったらありゃしない。
キアナもあやかって暖まらせていただいております。
どうか末永く、燃えていてくださいませね。

f0015853_17592448.gif
そんな俳句もいただきつつ。
そうそうゴウリキ様生誕おめでとうございます
一年でアク鯖の王者の座を極めてしまわれるとは・・・さすがでございます!



さて、ここでいきなりですが
f0015853_1811139.jpg
9月のいやらしい方々を晒してまいりますね。


赤き戦場で対戦相手となった方から、戦闘後Wisをいただきました。
f0015853_18233100.gif
粘ったつもりでしたが、結局さっくりとENDしてしまいました。
次こそは、次こそは・・・!(無理)


f0015853_1843333.gif
レイドで毎回お世話になりっ放しでございますね^^
よく同じPTになりますので心強い!
今後ともよろしくお願いいたします。


宝石野郎の一味があまりに破廉恥でしたので少し意地悪をしてみましたところ、
f0015853_1873185.jpg
二人して捨て台詞を吐きつつ飛んでいってしまわれました。
いつかギャフンと言わせてみせます。


お風呂中、倉庫で佇んでおりましたら白茶でご挨拶いただいておりました。
f0015853_18115941.gif
こうやってお声をかけていただけるのがとても嬉しいのは、きっとブログを書いている方々皆さま共通の思いでございましょう。

今後とも、なにとぞよろしくお願いいたします。

f0015853_1819644.gif

[PR]
by kyaren | 2015-10-02 18:19 | リネ風景 | Comments(0)
  ・ ・ ・