<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
早馬の如く
時は早馬の如く。
わたしたちを乗せて、先へ、未来へと、止まることなく駆け抜けてまいります。
f0015853_18305837.jpg
年の瀬も押し迫った現在、皆さま息災にお過ごしでしょうか。


上の画像は12月29日に開催されました、伝説のプリツアーのひとこま。
ここぞとばかりに参加させていただきまして、もうね、前日から楽しみで楽しみでね!
当日の時間が迫ってくると「キャレンさん興奮しすぎできもいです」と言われるほどの鼻息の荒さでしてね。
だってね!どれだけのプリンスの皆さまとご一緒できるかと考えるとね!ね!
f0015853_19192755.jpg
姫さまもたくさんいらっしゃってそれもまた壮観でした。
白馬うらやましすぎ・・・美しい・・・嫉ましい・・・呪

プリツアーの内容につきましては、後日動画がUPされるとのことですので、皆さま楽しみにしていてくださいませ。
以前開催されましたプリツアーの動画はこちら、XぬーんX様の「うやまえ!殿下日記ぬうぬう」(●`ё´●)しつこい?+7Bデーモンアックスできたは!とプリツアー参加者募集(悪鯖)で紹介されておりまして、未見の方はぜひともご覧いただきたい素晴らしい内容となっております。

【追記】
さらに!
プリツアー予告編が既に作成され、YoutubeにUPされております。
このとてつもない編集力・・・本編の完成が待ち望まれますね!!

そして、動画に感動なさった方はぜひともプリンスを作成していただいて、次回の開催に備えていただければと思います。


そんな心躍る年の瀬となりました今年一年。

リネ内では、今年は大きなアップデートがありまして、ヒールオール返してよおおおおお文句を言いたいところも多々あるにはあるのですけど、中村氏工藤氏などの退職もあって、運営自体の空気が変わった部分もあるのかもしれないな、とベリアナにしか変わらないマスを釣りながら考えております。
f0015853_20240767.jpg
EP4実装前のテストサーバーがとても楽しくてですね、もしまた大きなアップデートがある際には、ぜひとも(せめてマナドレとかサンバくらいは支給して)実施していただければなと思います。
そうそう、年末の生放送では2月にテーベラス支配戦とランキングシステムの実装、夏ごろにはレイドリニューアルでヴァラカス実装とサモンリニュ、新規変身などでしたっけ、いろいろと予定されているとのことでしたね。


さて、今年のわたしの一年は、色濃いものでした。

戦争では血盟員の努力とチームの皆さまのご理解により、自分が理想としていた動きをMavorsに持たせることができるようになりました。
f0015853_20512606.jpg
チーム全体としてはwin some, lose someな戦績ではありましたが、徐々に確実に良いまとまりが生まれてきているのではないでしょうか。
順風満帆なことばかりではないのはどこの勢力でもそうだとは思うのですが、チーム内の空気は相当良いものだと感じますし、今までこんな人たちと共に闘っていたのかと胸が張り裂けんばかりの感動を覚えた出来事もございました。
来年もまた、同じ旗のもと剣を取ることができればこれほど幸せなことはございません。


個人的な思い出もたくさんたくさんありまして、全部書ききるには再来年を迎えてしまいそうです。

あんなことやこんなことうふふふふ
f0015853_21150039.jpg
たこ焼きについて延々喧嘩語りあった日々もありました。
f0015853_21154563.jpg
前日の話題のせいで翌日の夕飯のメニューが被りまくりだったときもありました。
新しくなったオリムで全滅したこともありました。
f0015853_21205221.jpg
ソロPTでログやHPの増減を見ているのも楽しかったですし、ドロップ競争や象牙やTOI頂上、FIや新しくなった本土狩場でのクラハンも楽しかった!


幾人かご多忙やモチベの具合でリネから離れてしまわれた方もいらっしゃいましたが、籍も席もずっと残しておりますので状況が落ち着かれましたら&気が向いたら、いつでも戻っていらしてくださいね。

そして、年末に新規でMavorsにご加入いただいた方々とも、2017年もまた楽しい思い出をたくさん作っていけますように、よろしくお願いします^^

[PR]
by kyaren | 2016-12-31 03:51 | 戯言 | Comments(0)
Once Upon a time
気が付けば、ブログを書き始めて11年。

さらにその1年前、2004年の12月の記録を見返しますと、何だかすごい気分になります。

当時のキャレンの所属はSatisfaction。
戦争勢力としてはSatisfactionⅡ(略称S2)でした。
現在は敵勢となっておりますが、ちょうど2004年の12月17日、S2はParakiss様を旗としてヾ(`☆´)ゞ血盟でアデン城を初獲得していたようです。

なんとまぁ、懐かしい!
f0015853_00393061.jpg
画像は2004年10月下旬のS2ギラン獲得時の模様。
懐かしい名前がいっぱいですね。


当時既にアク鯖の戦争は冬の時代、と言われておりました。
それでも当時の記録を見るに、戦争勢力は今とは比べ物にならないほどたくさんございましたね。

極、BALLADS、桜の誓、漢、大帝國、SacredArk、花鳥風月、戦争普及委員会、HeavensGate、不敗神話、WhiteCrows☆、RarthHalk、北天騎士団、GANDAMチーム、CelestialStar、MistDown・・・たぶん勢力図的には被っている部分もあることでしょうが、一城につき4日に1度の戦争のログや当時の戦争情報を軽く見返すだけでも、これ以上にいくつもいくつもの血盟名が出てまいります。

これで冬の時代であれば、現在は氷河期まっただ中なのでしょうかw

古き兵の皆さまでしたら、門前でエルフ隊が列を成し、城門に並ぶ敵前衛をカラーチャットでタゲ指示していたあの風景を思い起こされることでしょう。
壁越しにH-Aが届く時代もありましたよね、WIZは四賢者変身で城門にぴったりくっついていた記憶があります。
なんだかいろいろとつらつらと思い出してしまいますねぇ。

当時推奨されていた戦争参加Lvは45↑くらい?
「俺DKだから大丈夫」という名言が生まれたのはもうちょっと前でしたっけ。
あの頃のDK変身は鬼神の如き迫力でした。
当時WIZのHPは350も無かったのではなかったかしらw
やはりタワーの壊れ方は、メリメリと音を立てて倒れる昔の方が良かったですね。
エリアサイレンスもメテオもDIGも無い時代、FSは有効な攻撃方法でしたね。
ショートカット欄の数ピクセルが次のページのショートカットに反応するなんていうバグもありましたし、魔法欄のFSの横にマステレがありますので誤爆も有り得ることでしたし、そういった面での緊張もありましたねぇ。
そういえば、スパイとして潜入し重要な局面で味方陣営をマステレ拉致した過去のある人がS2へ参加希望していらしたのを、Paraさんと共に全力で拒否したのも懐かしくも苛立たしい思い出。

そういえば、そういえば。


昔の、忘れられない一戦について書こうかなと思っていたのですけど、その周辺のことから思い出し始めてしまい、なかなか本編へと記憶が進みません。

やっぱり結局昨年と同じようにまだわたしはここで時を過ごしている最中ですし、やっぱり去年と同じようにまだ総括する段階ではないのですね。

いつか当時のことを全て書きたい気もしますけどねw




[PR]
by kyaren | 2016-12-17 10:30 | 戦争 | Comments(2)
ひまつぶしプチプチ
暇つぶしに遊ぶのがゲームですけども、ゲームにログインしても「暇」を感じるときってありますでしょ。

そんな時はこんなことして遊んでみてはいかがです?

f0015853_1612195.jpg
さて、どこかにRiktorsが隠れています。
見つけられるかな?

題して『りっくんを探せ』
f0015853_168125.jpg
ここでした!

PT組んだままでしたのでアレですが、旗も消してPTも切っていればかなり難易度が高かったはず。
スピリット討伐の後にでも、かくれんぼして遊んでみてはいかがでしょうか。


結構楽しかったのが、覗きあう角度を探しての試行錯誤。
f0015853_1613321.jpg
ダンテス変身でしたっけ、下半身を隠して壁の際に立たせると、引っ込み思案の不審者となるようです。


そうそう、一時世間を騒がせたのがジャイアントモーニングスターのおねェ言葉なのですけども、この画像で何がおかしいって、ドワ倉庫のみならず競売掲示板にまでスタンをかける念の入れ様。
細かいところまで見逃さない女子力の高さはさすがおねェですね。
f0015853_16182354.jpg
以前名もなき魂に毒玉を発射する鵺をご紹介しましたように、モンスターの攻撃はどうもNPCにも有効なようですね。
ただしMDやただのオブジェにはスタンエフェクトが出ていないようですので、PCが話しかけられるNPCには、ということなのでしょう。


ボス討伐もなく、血盟員もINしてなくて、狩りをする気分でもない時は、とりあえずの暇つぶしに何か撒いたり敷いたりするのもありでしょうね。
f0015853_16271653.jpg
月曜の夕方に敷き詰めたものの、丸一日以上城主さまに気付いてもらえなかった模様。
f0015853_16302099.jpg
せっかくの力作がメンテで消えるかと思うと居てもたってもいられず、ついつい火曜夜の最終時間に虎さんに見て見てのおねだり。


今日は何して遊ぼうかしら!



[PR]
by kyaren | 2016-12-14 16:34 | リネ風景 | Comments(0)
FI大好き
ほんと大好きなのです。

永年Lv70↑入場可能にして頂けたら、どれほど幸せなことでしょう。

他の狩場が死ぬ?

それなら他の狩場でもPTボーナスがきっちり付くようにしてもらえば。
溶かすだけのゴミでもいいから、ドロップにもうちょっとワクワクできる楽しさがあれば。


まぁそれはそれとして。

FIが大好きでございましてね。

f0015853_15234683.jpg
ほら、ハウルの時は白く光る斧がすごいスピードで回ってますでしょう?(私信)
真ん中の戦士も、実はすごい勢いで回ってまして、あまりのスピードにただじっと立ってるだけにしか見えないのですよ。

f0015853_15252810.jpg
タイミング的にSSを撮るのが難しく、ここでUP出来ないのが悲しいのですが、FI地下のクリッピングクロウは確かに死ぬ時一瞬だけ「GJ!」と親指を立てて消えていきます。
そう、T2の最後にターミネーターが溶鉱炉に沈むアレですね。

f0015853_1530539.jpg
気を付けて!
拾いに行こうものならDEとクロコダイルとラミアとアリゲーターとカエルがてんこ盛りで待ち構えておりますよ。

f0015853_15352810.jpg
戦力外も甚だしい弱小プリにドレイクキングのタゲを任せる前衛二人。
NBで充分な支援を受けつつここは良いところを見せねば、と必死にタゲを取り、かっこいいSSを見せつけねば、と必死にSSを撮り。
f0015853_1540355.jpg
タゲはしゃみさんに移りドロップは兄様に渡り。
f0015853_15454152.jpg
プリンスはその存在だけでも充分かっこいいので、狩場で輝くのは前衛な方々にお任せしましょう。

そうそう、FIといえばドッペですけども、未変身だとWIZもプリもエルフも弓を撃ってまいりますが、戦士はハウルでございますよね?
たぶんですけどILLもナイトも弓だったかと・・・DrKは何かしら。
変身状態でしたらWIZはサンバを撃ってまいりますし、他のクラスもそれぞれの何かで攻撃してくるのだと思いますが、ではプリは?
f0015853_15524766.jpg
プリにも何か、輝かしいアクションをお願いしたいところでございますね!(#`Д´)

f0015853_165244.jpg
なかなかお目にかかれないボスですが、FIはロマンが満載。
f0015853_1671581.jpg
またお時間が合いましたら合宿いたしましょう。

f0015853_1682033.jpg
それでは本日はこんなところで。



[PR]
by kyaren | 2016-12-13 16:11 | 狩風景 | Comments(0)
夢は見るもんじゃない叶えるものだ、と。
高校の頃に親友と取り合った女性とめでたく結婚し、一子をもうけたものの残念ながら妻は早逝してしまいました。

その日は何の用だったか既に思い出せないのだけれど、実家に子供を預けて一人、車で出かけたのです。
用を済ませての帰り道、妙に暗い、でも銀色に曇る空とそこここで上がる煙と炎。
何か大変なことが起こったに違いない、と実家までの10数分の道のりを急いでいる最中、道端に傷だらけで衣服もボロボロになった、懐かしい親友の姿を見つけました。

どうしたんだ、と声をかけ、とりあえず車に乗せてやろうと助手席のロックを外した瞬間、信じられないものを見てしまいました。

それは既に人間ではなかった。

真っ白に変色した目でこちらを睨み、喉の奥まで牙が列になった口を大きく開き、力任せにドアを開けて親友が乗り込もうとしてきました。
一気にアクセルを吹かしてその場を離れようとしたのですが、親友はものすごい力でドアを引き外し、長く鋭い爪を助手席の椅子に食い込ませ、こちらにもう片方の手を伸ばしてわたしを捕まえようとするのです。
必死で振り切ろうと助手席側をガードレールに掠めさせたり、電柱にぶつけたりしてなんとか引き剥がしたと思うのですが、車をそんなふうに運転したこともなく、万年ゴールド免許なために車をぶつける衝撃がどんなものか知る由もなく、ショックでふらふらになりながら「映画みたいにはいかないものだ」と思いつつ、実家への道のりを急いだのです。

するとなんということでしょう。
実家まであと2~3分の場所に、巨大な鳥がいて、逃げ惑う人達を羽で薙ぎ払い、凶暴なくちばしで啄んでいるのです。
いったい何が起こっているのか・・・これはいったい何事なのか。

鳥の足もとの道を通らなければ実家には行けないし、よく見れば逃げ惑う人々に見えたのは先ほどの親友と同じようにゾンビだかモンスターだかに変化したモノが大半。
鳥の視界から外れるよう、街路樹やら倒れかけの看板やらを間に挟んで車を走らせ、ようやく鳥の側面に回り込めたかと思った瞬間、運転席側の窓に被さるように現れる変わり果てた親友。
引き剥がしたと思っていたけれど、どうも車の上に掴まって機を伺っていたらしい。
と、そこへけたたましい鳥の声が聞こえ、一瞬の翳りのあと、親友の姿が消え、

けたたましいアラームの音で目を覚ましまして。

おはようございます。
夢でした。


さて、話はがらっと変わりますが、昨日は長年の夢が叶いまして。
f0015853_1164195.jpg
くせに!などと申しておりますが、実はめちゃくちゃ嬉しくて20枚近く記念撮影してしまいました。

血盟帰還でアジトではなくお城へ帰ってしまうあの不便さを、あまりに広くてなんだか寂しいあの雰囲気を、けど城主テレポーターちょっと便利、そんな城主特権をとくと味わうがいい!!

というわけでおめでとうございました。

来週もがんばってまいりましょうね!



[PR]
by kyaren | 2016-12-12 11:21 | 戦争 | Comments(0)
1年ぶりの城主
MavorsⅡが城主となったのは昨年の12月6日からちょうど1年ぶりのことでございます。

とはいえ赤騎士攻略の攻め無し防衛成功でしたので、昔で言う無血獲得となったわけではございますが。
f0015853_13423818.jpg
オーク要塞防衛成功後からのギラン獲得と20分防衛成功はなかなか刺激的でした。
Satisチームで2城獲得を成したのも3月下旬ぶり。
皆さまおつかれさまでした、そしておめでとうございました、&ありがとうございました。


まだ2016年の総括をするには早い気もいたしますけども、今年の戦績を見ておりますと、春の終わりから夏の終わりまでにかけての期間、Satisチームは3回ほどケントを取ったのみなのですね。
他勢力の動きや仕様変更などによってかなりの苦戦を強いられていたことが読み取れます。

しかし我がクランそしてSatisチームのメンバーは、負けが込んでいる間もなんやかんやと研鑽を積んでおりました。
まだまだ結果を出せたとは言い難く、これからも苦戦難戦あるかとは思いますが、更なる高み目指して精進を重ねてまいりましょう。


さて、Mavorsでは戦後に「反省会」なるひとときを小一時間設けておりまして、前回の問題点をどのように今回改善したか、今回の問題点を次回にどう払拭してゆくか、具合悪かったところは?上手く行った動きは?助かった援護は?かっこよかったところ見てくれた?褒めて褒めて?などなど、あらゆる角度からその日の戦争を振り返っております。

昨日はとりあえず30数枚の記念撮影を行い、来る年末年始の戦争についてリハーサルも行いました。
ええ、反省会です。
みんなこれでも反省しています。
f0015853_14312829.jpg

なんと今年は12月25日が2016年最終戦、そして2017年1月1日が年始初戦となります。

まったくなんというスケジュールなのでしょう!
イブじゃないだけマシなのでしょうか。
人は・・・人は集まるのでしょうか。

f0015853_14222661.jpg
そんなわけで、リネ充の皆さまと刃を交わすことを楽しみに、最終戦までのあと2戦がんばってまいりますよ。



[PR]
by kyaren | 2016-12-05 14:38 | 戦争 | Comments(0)
  ・ ・ ・