かぼちゃの季節
さまざまな意見を聞きますけども、わたし個人の感想を述べさせていただくとすれば、今回のイベントは「マンモスうれぴー」でございます。

と申しますのも、

1.なんとなく爆弾
2.10分だし楽ちん
3.武器防具の成功率が良い

さらに初のきらきら勇者☆彡
f0015853_16353074.jpg

やりたいことだらけでキャラばかりたくさん作っているわたしには、1キャラ分の装備を充実させることは至難のワザなのです。
しかも+8とか+9とか+10なんて夢のような話でございましてね。

いつもお世話になっております某戦士の方はつい最近まで歴戦ヘルムを愛用していたとのことですけども、わたしも似たようなものでして、キャレンは未だにコットンローブ竜系ローブはもちろんのことBEサンダルすら手に入れておりませんし、ウニやキアナに至っては未だにALAを着ておりました。

このイベントでなんとか全キャラにDHAを装備させることができるなぁ、と、唯一DEに装備させておりました、ン十Mで手に入れた+7DHAを眺めながら、嬉しいような切ないような複雑な気持ちを楽しんでおります。



イベント自体はこんなふうに味わっておりますが、まぁでも100点満点というわけにはまいりませんね。

イベントマップ入口の無駄な藁束が邪魔すぎます。
イベントエリア内のランテレ不可は良いとして、それならイベントエリアに入った地点は複数設定して頂きたかった。
さすがに1chマップでは1キャラ10分とはいえ混みすぎますし、Lv10から入場可はさすがに傍若無人の輩が闊歩しすぎのカオスっぷりですので、せめてLv55↑設定にすべきだったでしょう。
キャンディが15分に1個はつらたんでございます。
あとですね、時間切れで飛ばされるとハマって身動き不可の地点がありますので、あれはよろしくありません。

・・・とまぁ、前回の課金イベントに比べれば、と言ったところではあるのかもしれませんが、あとちょっとの仕様の練り込みで、さらに楽しいイベントになったのではないかなという感想を持っております。


全然関係ない話ですけど、かぼちゃの食べ過ぎによるかぼちゃ黄疸という症状?があるそうですよ。

みかんの食べ過ぎの黄疸(柑皮(かんぴ)症)と同じものらしく、肝臓が悪い場合の黄疸との違いについて、ドクターズガイドを引用させていただきますと、
 「柑皮症のときは眼球の白いところの結膜は黄色になっていません。
  また、手のひら、足の裏が明るい黄色調をしているのが特徴です。」
とのことです。

皆さまどうかお体はお大事に、この秋を乗り切ってまいりましょうね。
[PR]
# by kyaren | 2016-10-24 17:05 | リネ風景 | Comments(2)
他のゲームにはプリ様がいないのだもの
VIPシステムがリニューアルされるということで、来週のVIP付与で1ランク緩和のキャンペーンがあるようです。
f0015853_10485284.jpg
別にRichではないLich。
TOI頂上で出会えるのですけども。

現在、VIPのREDランク特典でTOI頂上までVIPロビーからテレポートが可能です。
REDランクになるには月額1万円分のカイモ消費(リネージュ関連購入:つまりがちゃとかアイテム購入)が必要です。
GOLDランクになるには月額2万円分のカイモ消費が必要です。

リニューアルによって、REDランク資格は1万円据え置きですが、GOLDランクへは月額3万円分のカイモ消費が必要となります。
新たに設定されるVIPランク最高位のPlatinumが月額5万円以上。

まぁね、わかるのですよ、ただの特典だということは。
ユーザーがその金額のランク分けを見てどういう印象を持つかはさておき、普通の方はVIPランクを得るために課金をするわけではないし、月額5万出さないとまともに遊べないゲームというわけではないので、そこは好きなようにリニューアルなされば良いでしょう。
ユーザーがその金額のランク分けを見てどういう印象を持つかはさておき。
一応二回言っておきますね。



それはそれとして、今後、どのVIPランクであれTOI頂上へのテレポートが出来なくなるようです。


微課金プレイヤーのわたしとしては、GOLDランクはそもそもハードルですらなかったわけですが、REDランクへのあと数千円、あと数百円のカイモ消費への後押しの理由が、TOI頂上へのテレポートだったのです。

ワームに飛ぶとか墓に飛ぶとかの特典は別に無くても、数分の手間を惜しまなければ到達できますし。
VIPエンチャは有れば助かりますけど、狩場に籠れば結局30分後には無くなりますし。
1か月間TOI頂上にお友達と気軽に遊びに行けるよう、貧しい財布からやりくりをして捻り出す年数回のREDランクだったのですが。


現在、PTで遊んでも経験値ボーナスが入る狩場は、TOI頂上とFIだけだと聞きました。

そういえば昔からリネはPTを組めば組むほど経験値の入りが悪くなるという、ある意味MMOとしてはまともではないゲームでしたね。
これもまぁ、昔からクラスバランスだの何だのあっての仕様だったのでしょうし、今ですと経験値ボーナスを全土に実装してしまうと紋様やPOTが売れなくなったりするのかもしれませんね。


そんなTOI頂上へ、もう今ほど気軽(でもないけど)に行くことが出来なくなりそうです。
もしTOI各階のスクロールドロップ率が今より上がれば、登頂ももっと気軽にできるのでしょうけども。



なんだか考えるのが面倒になってまいりました。
f0015853_11324636.jpg
リネージュを存続させつつ、楽しく遊び続けるには何が必要で、何が不要か。
面倒なのでだらだらと書きます。


単純に、遊んで楽しけりゃいいのです。
一人で狩りをしても楽しかったり、みんなで狩りをして楽しかったり。
成長の喜びやドロップ獲得の喜びを分かち合えたり。
単純に離席して戻ってもちょっとしたことが楽しかったり。
ぼんやり街角で立ってるだけでも楽しかったり。

具体的にいえば、アデン全土どこでも狩りをすれば狩りをした分の経験値を得て、狩りをした分あれこれとドロップが出て、みんなで討伐するモンスターからはレアが狙えて、離席してる間に足もとに変な便箋を置かれて、スキン屋アドスピ屋火剣屋コンセ屋を開いて友達がログインするまでの時間を潰すことができて、初心者でもレベルを上げながらの狩りであれこれの消耗品を集めては売って、そこそこの装備を揃える足掛かりができて、ぼーっと立ってたらツアーや血盟に誘われて、なんだかんだで横のつながりが出来て毎日ログインするのが楽しみになって。

ああ、結局古き良き時代のリネージュですねこれはw



とりあえずですね、アデン全土リニューアルや図鑑の実装で多少お楽しみの幅が広がるかと思いきや、結局のところ実験場に籠る日々だったり、二ノ丸で唐傘の討伐数を数えるだけだったり、市場で売られている百M単位の装備を眺めるだけだったり、それって別に面白くもなんともないなってことなのです。

がちゃやアイテムで射幸心を煽りまくってお金を落とさせるのも良いでしょうけれど、そんなゲームは腐るほどあるのです。

リネの楽しさは、リアルマネーで得た装備で得た強さを発揮して得た快感が主なものでは無い、というのは、さすがに運営の方々もおわかりです・・・よね????





.
[PR]
# by kyaren | 2016-10-03 12:41 | 戯言 | Comments(2)
諦めない心
梅雨かと思うほどの雨続き。
お気に入りの植木鉢に密生していた苔がこの夏の暑さで茶色く朽ち枯れていたのですが、連日の雨で緑を吹き返し、しっとりとした様子を取り戻しています。

生命ってすごい、諦めない。


しかしわたしは忘れていたのですね。

f0015853_1093995.jpg
あの時、わたしが諦めなかったらPTは崩壊しなかったのですよね。
f0015853_10175885.gif
笑って許してはいただけたものの、わたしが諦めて最後のイミュすら撃たずに即死したために、PTが崩壊したのは事実。
f0015853_10201234.gif
実はこの夏一番心に残る死亡風景だったのです。


そう、わたしは忘れていたのです。
大切な人達を守るために、自分がどうあるべきかということを。

f0015853_11203237.gif
ある休日の昼下がり、かっこいい強さとはどんなのか、というのをしゃみさんと二人、きゃぴきゃぴと話していたのです。
きゃぴきゃぴと。
きゃぴきゃぴとね。

たとえばうちの○○さんは~などとMavのイケメンたちの身内贔屓を披瀝したあと、そういえばと思い出したのはあの方の眩しすぎたあの姿。
f0015853_12503183.gif
一歩も退かず、弱音を吐かず、決して諦めなかったあの方の姿に心を奪われていたはずなのに、自分自身の姿勢を全く省みておりませんでした。

このままではいけない。


というわけで、先のFIでの全滅以来、可能な限り諦めない姿勢を貫いて行こうと考えているのです。



.
[PR]
# by kyaren | 2016-09-29 14:13 | リネ風景 | Comments(0)
血盟会議「挨拶について」
深夜に始まる血盟会議。

我がクランでは血盟君主および、副君・守護またはそれに類する血盟員を含めて2名以上が集まった場合、血盟君主の命において血盟会議を随時開催することが可能です(一応ほんとに)(雑談じゃないです!)(真剣な会議です!)。
f0015853_16131962.jpg
この日の議題はラムさんが提出なさいました。
せっかくですのでタイトルを付けましょう。

「埋没する個性 ~挨拶から変えていく、自分というオンリーワン~」

どこぞの公民館で行われる自己啓発セミナーみたいになってしまいましたね。

さまざまな方々のさまざまな挨拶を見せていただく機会があります。
よく見かけるのが
 「おは」「ちゃ」「こん」
あたりでしょうか。
一部KODとかいうクランでは「なす」でも通じるとのことですけども。


唐突に思い出しましたが、わたしは過去に礼儀にうるさい学校に通っておりましてね。

毎朝校門に生活指導の先生方が立ち、生徒に挨拶をしていらっしゃるのです。
たまたまわたしの前を歩いていた生徒に先生が「おはよう」と挨拶したところ、虫の居所が悪かったのかその生徒は先生の挨拶を無視し、スタスタと歩き去ろうとしたのですが。
先生は粘着早歩きで生徒を追いつつ
 「おはよう」
 「おはよう!」
 「おはようって言ってるやろがこら」
 「おはよう!!!」
 「おらああああああああああ!!!」
ってヒートアップしていきましてねぇ。

まぁ頑なに挨拶を返さなかった生徒も生徒ですが、おらああああ!となる先生の姿を見て、『一体挨拶とは何なのだろうか』とうら若き青春を過ごしていた純真なわたしの心に一点の翳りが生まれたことは否めません。

ちなみにイタリア語ですと、日本と似た様な感じで時間帯によってそれなりの挨拶があるのですが、一番手軽なのが「ciao(チャオ)」でしてね。
おはこんばんちわさようならまでオールマイティにこなすことが可能です。

そうそう、関西人ですと「ほな」の二文字でさようならの挨拶を済ませることがあります。
これは「ほんなら」が縮まったものでして、「それでは」とか「そうでしたら」つまり「さようでしたら」「さようなら」と同じ意味の関西弁となります。

えらく話がずれましたね。

皆さまご存知ぷりえさんは「こんばんは~(^0^)ノ 」と一目見てわかる挨拶をなさっていらっしゃいます。
それくらいの個性ある挨拶が、それぞれにあって良いと思うのです。
f0015853_16251684.gif
あれこれと案は出ましたが、どれもピンと来ず、言いだしっぺの方にお返しを(閣議決定)。

しばらく考えて、Rikなりにそのイケメンぷりを余すことなく表現できる挨拶を編み出したのです。
f0015853_16424316.gif
早速使いたくてうずうずしていたわけですが、シンデレラボーイの虎さんはここで落ちるとのこと。
f0015853_16475427.gif
しかし、「やぁ待ったかい?」はさすがにおやすみなさいの挨拶には違和感はなはだしい。
この辺りは「どっせい」「どすこい」のほうが汎用性に優れているようです。

挨拶には最低でも3種必要なことはお判りでしょうか?
自分がログインするとき、誰かがログインするとき、そしてログアウトするとき。

Rik的には自分のログイン挨拶は完璧ですが、誰かがログインしたときの挨拶も考えておかねばなりません。
f0015853_16515036.gif
却下意見が出ましたので案件は不成立となりました。
f0015853_16561170.gif
べ・・・別につまんないなんて思ってないですよ?

考えること数十秒。
f0015853_16571515.gif
求めていたものが見つかりましたので、今後こちらをベースに挨拶をして参りたいと思います。
f0015853_17583879.gif
とか。
f0015853_18002871.gif
とか。

特に告知はしていませんでしたが、会議に出席していなかった血盟員にも個性的な挨拶を始めようという動きが出てきた模様。
f0015853_18044657.gif

・・・( ゚Д゚)


.
[PR]
# by kyaren | 2016-09-20 18:08 | クラン | Comments(0)
ツかれてるツいてない
SSの整理をしておりましたら、とてもイイ一枚を見つけまして。
f0015853_13164750.jpg
まぁなんてことない狩場での一コマなのですけどもね。

この感じ、いつぞやのあの感じと同じ香り。
当然場所もメンバーも総替わりの様相ではありますが。

f0015853_15445766.gif
そんな仲良しSatisチームを代表する、Mav vs KOD のバナナをめぐるやり取り。
f0015853_1546851.jpg
SSでつらつらとUPしようかと思ったのですが、かなりの長さ(総SS数27枚)のうえにきっとこの面白さはその場にいないと伝わらないであろうと思えましたので、発表は差し控えたいと存じます。

せっかくですので、薄幸の美女キャレンについて語り合ったクラチャを置いておきます。
f0015853_15551449.gif
なんとなく牧場さんが徐々にドン引いて行ってた気がしておりますが、きっと気のせいでしょう。

続きが気になる方はMavorsにJOINするといつか聞けるかと思いますよ。



f0015853_1473640.jpg
全然関係ないのですが、このアイコンの微妙な違いみたいな細かい拘りが結構好きでしてね。



.
[PR]
# by kyaren | 2016-09-14 16:00 | 日常会話 | Comments(0)
偏愛する死の輪舞
ヴァラカスと見紛う威圧感と常識外れのモリモリ湧きでウェルダン-オーレン間を恐怖のずんどこに陥れていたふらつくドラゴンでしたが、3週目に入り何かが起こった模様。
f0015853_14563792.jpg
火竜の業焔で焼き尽くされてしまったのか、ウェルダンとオーレンの温度差によってタンパク質が変性して剥がれ落ちてしまったのか。
なんだかこれ、ターミネーター2でサラ・コナーの夢の中でフェンスにしがみついて燃え尽きるあの様子を思い出しますねぇ。

そんなターミネーター2はやっぱり今観ても相当に面白い映画なのですが、なんと1991年の映画なのだとか。
25年も昔の映画なのですってよ。
しかもターミネーター1に至っては1984年の映画だとか。
なんと32年も昔の映画なのです。


そりゃまぁ皆さま年も取りますわね!ね!

じじばばの巣窟であるリネージュもあと半年で15周年でしょうか。
どうか無事に祝えますよう、運営も冒険者の皆さまもどうか健全にお過ごしくださいませ。


さて。

「キャレンさんのブログ見てたら死体の画像ばっか貼ってあった」と若造祖良さんからお言葉をいただきまして、そんなことないでしょう、と確認してみたら結構な頻度で死体画像をUPしておりました。


なんということでしょう、不健全極まりない・・・!


しかし冒険は命がけ。
生と死の境界線ギリギリの部分を歩むのがわたし達の宿命。


特にFIでは、一番死に近い場所へわたし達を誘うのがこのタイタンゴーレム。
f0015853_1514031.jpg
ゴーレム地下実験場にて一番注意を要するモンスターでして、実際にはそれほど強いモンスターでもないのですが、討伐には少々のコツが必要。
f0015853_15175455.jpg
1匹目は何とか討伐成功したものの、2匹目ではほぼ壊滅、というかこのSSの直後に全滅。

別の日にももちろん☆
f0015853_1521112.jpg


また別の日に兄様とふたり、入口近くで徘徊を目論んでおりましたら、鬼湧き+キャレン沈黙毒のコンボにてペア開始2分で死亡。
f0015853_15364364.jpg
久しぶりに二人で眺めた空には満点の星が輝いておりました。

これほどまでに何度も死体を晒すとなると、やはり「いかに美しく死ぬか」が問題です。
f0015853_15413674.jpg
コカトリスも目が離せない模様。

UBでも数回全滅を経験しましたけども、画面中を埋め尽くすモンスターたちのおかげで自分がどこで死んでいるかすら判らないのが難点。
f0015853_15494292.jpg


やはりこれくらいシンプルに街角で野垂れ死ぬのが良いのでしょうか。
f0015853_15534135.jpg




.
[PR]
# by kyaren | 2016-09-13 15:56 | 狩風景 | Comments(0)
狩りに染まる日々
イベント満喫()の毎日。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

がんばっても揃わない光の玉の個数に奥歯を噛みしめる日々。
イベントマップにてRikとキャレンを1日1時間狩りさせておりますが、2週目も終わろうというのに未だキャレンの玉は90個貯まっておりません。

なによりかにより、イベントマップは本当に眠くてね!
f0015853_14512940.jpg
この日も開始8分で睡魔に襲われまして。
f0015853_14533598.gif
そんな時はとにかくチャットです。
当然面白ければ面白いほど目が冴えるわけで、期待を込めて2分間待ったところ・・・
f0015853_14561085.jpg
その後何も続かず、業を煮やしたRikの青筋系問い詰めに、軽く煽り風味のお返事。
f0015853_14591324.jpg
そしてRik撃沈。
とりあえず4分間眠らず済みました。
ありがとうございました。


イベマの合間にはKoDな方々と合同でFIへ。
通いまくりの甲斐もあってか最近狩りのスタイルも確立しつつあり、1PTに満たずとも少しは余裕を持ってうろうろ出来るようになった気がします。
f0015853_1591939.jpg
チャットしながらの殲滅~移動もなんとなくこなせるようになっていとよろし。


しかしUBではまだまだ精進が足りないようです。
f0015853_15124544.jpg
だいたいチャット5行分くらいは送られる模様。


さて、イベントは明日のメンテで3週目を迎えます。
果たして玉はいくつ必要になるのか。
そしてこの、ふらふらドラゴン達の存在の謎は解き明かされるのでしょうか・・・!
f0015853_1519209.jpg




.
[PR]
# by kyaren | 2016-09-06 15:21 | 狩風景 | Comments(0)
活力よりエネルギーのほうが語感が良かったのではないかと思いつつ
あれこれとSSも貯まっておりますし、毎日狩りだのなんだのして楽しんでいるのですが、リネ充しておりますと日記を書く暇がなかなか見つけられません。


イベントで1日1時間を2アカウント分消化の日々。
Rikやキャレンだとエージェントだけならそれなりにサクサク倒せますので楽しいのですが、NBのキアナで1時間試しましたところ、揺らめく玉は全く入手できず、討伐数もキャレンの約半分程度、狩りの仕方を忘れているせいか精霊の玉の消費だけは莫大で、ストレスと消耗のほうが大きかったのでもう諦めます。ぷんすこ。

イベントMAPではハルパスの執念が嬉しい数出ておりますので、実験場から足が遠のいております。
f0015853_1637511.jpg
とはいえなんとか集めないと・・・!
プリ様を。


皆さまイビル武器強化や図鑑の討伐ボーナスもでしょうけども、主に邪悪な活力を求めて実験場に通っていらっしゃることと思います。

実験場では何が作用しているのかわかりませんが、30分~40分の間1個も出ないという時もありまして、わたしのRikでは5時間消化しても70個程度しか活力を得られません。

他の前衛様の獲得数など拝見しておりますと毎週150↑だとか170↑だとかの活力を出していらっしゃる模様。

その差2倍以上、これがプリ(というかRikのスペック)の限界というものなのかとも思うのですが、皆さま成果の程はいかがですか?



.
[PR]
# by kyaren | 2016-08-30 16:52 | 狩風景 | Comments(2)
ハードルを越え城門をくぐる
Satisチームは約1か月半ぶりのクラウン獲得となりました。
f0015853_14301586.jpg
いったいどこにクラウン乗っけてるのやらhhhhhh

夏休みもそろそろ終わりかと思いますし、また戦争人口も盛り返してくるのでしょうか。

現在のアク鯖の戦争勢力は6つに分けられると思われます。
単独でのクランもありますし、いくつかのクランが同盟を組んだりチームを組んだりして、毎週日曜22時から鎬を削っております。

我がMavorsはちょうど2年前からSatisチームにて参戦しておりまして、そう思うとやっぱり長い付き合いだなぁと感慨もひとしおなわけですが。


10年前だといくつくらいの戦争勢力があったでしょうか。
当時は今よりプレイヤー数も多く、新興の勢力が台頭したり古くからの勢力が分裂したり吸収されたり合併したり反旗を翻したりと、色とりどりでしたねぇ。

f0015853_15551715.gif
自分のことを思い返してみても、狩りクランからの戦争参加のハードルは高いものでした。

初めての戦争参加のために、狩りクランから一時、戦争クランへ移籍しましてね。
一旦狩りクランを抜けたのは、当時FPKなどもよくある?ことでしたし、場合によっては狩りクランのメンバーに迷惑をかけてしまう恐れがあったからだったような。
戦争血盟体験の後、狩りクランに戻った時、「帰って来るとは思わなかった」とクラン員のお姉様お兄様方に言われ、「そういうものなの!?」と驚いた覚えがあります。

わたしが加入した戦争クランは、当然「戦争クラン」として募集をかけていたはずなのですが、加入した戦争クランの旗で参戦したことは無かったことから、Re:Arcturusへのヘルプとして参戦していたのだと思います。
戦争勢力図の中での自分の所属するクランの立ち位置すらわからないままw
約一か月の戦争血盟体験中、戦争に出たのは片手で数えるに足りるほどだったように記憶しています。

自分としては狩りこそがリネのベースで、ヘルプはあくまでもヘルプ、戦争中は隅っこから弓を撃ち味方にスキンをかけるくらいで、今自分が何をしているか、それは何のためか、これからどうなるのか、そうなるために何ができるのか、なんてことは全く考えてはおりませんでした。

確かに、自分の中での認識では「戦争を(ガチで)やってる人はちょっと違う」人達でした。

ゲームをプレイする姿勢が、良い言い方をすれば「真剣」、変な言い方をすれば「必死」なのですよねw
当時はデスペナありきの闘いでしたし、紋様もないし、1ENDの経済損失は今と比べ物にならないほど酷いものでしたし。
だからこそ好戦的にもなるし狩り場でも必死、必死が故に少しのきっかけでFPKもするし敵対へのヘイトも相当に高くなるし、なんと申しましょうか、そういうスパイラルを生み出す源泉が戦争だったし、戦争に身を置くということはある意味修羅の道へ身を投じるのと同義だったかもしれません。

f0015853_11153218.gif
私怨を晴らしたくてたまらない、人を斬るのが何よりも好き、という方にはつまらない仕様かもしれませんが、デスペナも無く、nPvP鯖となった現在では10年前に比べると格段に戦争参加へのハードルは下がったと思います。

言うなれば「団体競技」となった現在の戦争。
プリをタワーへ送り込みクラウンを獲得させること、獲得したらそれを維持すること。
参加者はそれを第一の目標に動きます。
その目標のためにいくつものPTが力を尽くします。
そのPTのために、自分の持てる力を使います。

レベルが低い、装備が揃ってない、対人に自信が無い、何をしたらいいのかわからない、そんなことを気にする必要はありません。
誰にでも必ず何かの役割がありますし、戦争に出ているうちに自分に出来ること・自分がやりたいことが必ず見つかります。
自分が何をするか、それは何のためか、これからどうなりたいのか、そうなるために何が出来るのか。
単純に参加するだけでも楽しいですけども、いろいろ考えるのも楽しいものです。

たとえば、自分の装備がどれだけの威力を発揮するか知りたいとか。
自分の力で敵をなぎ倒しまくりたいとか。
どんな攻撃にも耐える俺の筋肉を見てみろ、とか。
大好きなあの子を守るんだ!とか。
憎いアイツの墓に向かって口笛を吹いてやる、とか。
憧れのあの人のお近づきになりたい、とか。
狩場で出会うあの人の別の一面を見てみたい、とか。
誰よりも目立ちたいんです、とか。
とにかく役に立ってる自分が好き、とか。
勢力を自在に動かしてみたい、とか。
プリ様プリ様プリ様!!!とか。
・・・。

考えてもみてください、老いも若きも一丸となって、1時間みっちり真剣に遊ぶのです。
こんな面白いこと、参加しない手はございません。

戦争未経験の方でも、門戸は広く開かれております。
ほとんどの勢力で血盟員・ヘルプの募集があるかと思います。


もちろんSatisチームでも構成クランがそれぞれ血盟員を募集中。
MavorsⅡではチームへの貢献を第一義にストイックかつポジティブかつアクティブに活動しています。


もし日曜22時にお時間が合うようであれば、一緒に城門をくぐってみませんか。



.
[PR]
# by kyaren | 2016-08-24 12:16 | 戦争 | Comments(2)
冒険者たち
わたしの、新EPのUP以降の過ごし方。

①ログイン
②血盟リスト確認
③友人登録確認

以上は昔からのルーティンでもありますが。

④アイテム欄確認
⑤タイムカプセルクリック
⑥2時間放置
⑦キャラチェンジ
⑧アイテム欄確認
⑨タイムカプセルクリック
⑩2時間放置
⑪キャラチェンジ
⑫アイテム欄確認
⑬タイムカプセルクリック
⑭2時間放置

あれ。
仕事して寝て冒険しての日常に、1日の時間が足りませんね?

地味にそんな毎日を過ごしまして、やっとなんとかアークパスをあと1名残すのみとなりました。
なんというめんどくささでしょう!

そんな放置の合間合間に狩りをしております。
狩り、と言ってもキャレンでFIを訪れるか、Rikやアークパスっ子で実験場か二ノ丸を訪れるかがほぼメインメニューとなっております。

とはいえ、機会があれば新規狩場探索にクラハンなどもしておりましてね、人が揃えばもっといろんな狩場へ赴いてみたいと考えております。

f0015853_13412085.jpg
おお、勇者よ。死んでしまうとは情けない。
しかし灼熱の溶岩に溺れその鎧を紅く焦そうとも、燃え尽きて灰燼と成り果てたりしないナイト様の根性。
わたしたち冒険者から畏懼の涙を絞る、この赤き勇者の姿が拝めるのは暗黒竜の爪痕でございます。

f0015853_13524079.jpg
山紫水明風光明媚阿鼻叫喚のFIにて、誰が遺したか財宝の山。
青や赤のクリスタルに溢れる宝飾品、宝箱の中にクラウンも見えますし、棒金もありますね。
あと、ツボだか水差しだかも陽光に照らされて鮮やかな輝きを放っております。
金ぴかの財宝はさておき、放置された剣というのもロマンチックな存在ですねぇ。
あの3本の剣は何だろうと鍔の形状から調べてみますと、一番近いカタチなのがギルタスの剣なのですけども、どうも光ってないことからすでに魔力を失ったものなのかもしれないなぁと、在りし日のギルタスの「うははははー死んでしまえぇ!!」の叫び声を物悲しく思い出したりしているのです。

f0015853_14164218.jpg
最強の龍の代名詞であったヴァラカス。
火山頂上の洞窟の真ん中で今は安らかに寝息を立てております。
道中ユニドラゴンやテラドラゴンがわんさかおりますが、当のヴァラカスはその劫火で冒険者を焼き払うことも無く、ぐっすり眠り込んでいる様を見ると「ヴァラたん」と呼び習わしても良いのではないかと思うほど。
ちなみに話しかけると・・・
f0015853_14224661.jpg
何が起こるかは自分自身の目でお確かめください。

f0015853_1441353.jpg
こちらはDVC7Fの「Lair of Bumos」と表示されている場所。
ボモスが出るのですか?アンタラスですか?ちょとよくわかりませんが中心部の円陣には竜が眠るレリーフが。


そうそう、SSを見返しておりましたらこんなイベントもありましたね。
f0015853_1432614.jpg
オープニングキャンペーン第1弾、忘れられた島の脅威を体感せよ!
とかいう死屍累々くそイベント。
忘れられた島でしたら古代の加護の装備によって経験値ロストもアイテム喪失も無いのですが、一般フィールドで予兆もなしにてんこ盛りにモンスターが湧くため、直下に位置すれば死亡確定でございまして、思わず棒読みになってしまう満喫っぷりを晒してしまいました。
せめて夢幻の島でやってくれればね!中村ァ!


・・・いつまでもお元気でいらっしゃってね。
[PR]
# by kyaren | 2016-08-08 15:05 | 狩風景 | Comments(0)
  ・ ・ ・